▶新規会員登録

ニュース

2009/02/20

歯科企業情報

サンスターが誤飲の恐れある乳児用歯ブラシ回収へ

2月18日、サンスター(株)が、自社製品「C&F歯磨き習慣トレーニング乳歯ブラシ」を誤飲の恐れがあるとして、自主回収すると発表した。この歯ブラシは、ブラシの部分が柔らかいゴムで作られ、乳歯が生え始めた0歳児が歯ブラシのように持ち、口にくわえたり、かんだりして使う器具で、強くかみすぎた場合や繰り返し熱水で洗ったりした場合に先端のゴムが外れ、誤飲する恐れがあるとしている。昨年7月から、今月にかけてゴムが外れたという報告が3件寄せられたという。このため、会社側は、乳児がこの部分を誤って飲み込む恐れがあるとしている。これまでには、実際にゴムを飲み込んだという報告ないとしているが、まずは、店頭の在庫と家庭で使用されている合計3万本を回収したいとしている。

奥村 勝 氏

オクネット代表。明治大学政経学部卒業後、一般企業に就職。さらに東京歯科技工専門学校を経て歯科医院、歯科技工所に勤務。さらに日本歯科新聞社編集部記者、雑誌「アポロニア」(日本歯科新聞社)編集長、新聞「Dental Today」(医学情報社)編集長を歴任

keyword

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

ガムを噛んで唾液を出すだけ!唾液検査用ガム

医療広告ガイドライン対策