▶新規会員登録

ニュース

2013/05/20

歯科医師関係

カルテ歯科医ごとに形式や内容はさまざまで統一が必要

<歯の電子カルテ>標準化 災害時、身元確認狙い

毎日新聞 5月17日(金)2時30分配信

 大規模災害時の遺体の身元確認に有効活用するため、厚生労働省は今年度、現在は形式が統一されていない歯科医の電子カルテを標準化する実証事業に乗り出す。

東日本大震災では多数のカルテが津波で流失したうえ、残っていても形式がまちまちだったため遺体との照合は困難を極めた。専門家は、将来的に標準化したカルテをデータベース化すれば、災害時以外にも活用できると見込んでいる。

 遺体が損傷しても歯は残る可能性が高い。

警察庁によると、大震災による死者の身元確認で歯の情報が決め手になったのは1240人で、DNA鑑定の163人を大きく上回った(今年4月10日現在)。

 だが、行方不明となった人の歯の治療記録と、身元が分からない遺体の歯の情報との照合は容易でなかった。

宮城県警は震災の約2カ月後から東北大の協力を得て二つの情報を照合するソフトを導入。

歯科医のコンピューターの記憶装置に保存されていた行方不明者の電子カルテや、紙のカルテの収集に努めたが、歯科医ごとに形式や内容はさまざまで、統一的な形式に入力し直す必要があった。

 南海トラフ巨大地震では、国は最悪のケースの死者を約32万人と想定している。

現状のままでは照合に必要な作業が膨大となり、身元確認が一層困難になることが予想される。

 こうしたことから、厚労省は6月にも検討会を設置し、身元確認のためにどのように情報を統一化すべきか協議する。

今年度中に一部の歯科医で電子カルテを実験的に標準化する方針。

今年度予算に事業費2100万円を計上した。

 震災前から標準化の必要性を主張してきた柳川忠広・日本歯科医師会常務理事は「南海トラフ巨大地震では歯科情報の迅速な収集システムがないと身元確認は難しい。

実証事業はデータベース化を含む将来的なシステム構築のきっかけになる」と評価する。

 一方、個人情報保護に詳しい堀部政男・一橋大名誉教授(情報法)は「身元確認の目的を明示し、情報提供について広く本人同意を得ることが必要」と指摘する。

厚労省は、データベース化の可否については現時点で検討対象としていない。

【宇多川はるか】

 ◇解説 災害以外で活用も

 厚生労働省が歯科医の電子カルテ標準化に向けて近く実験に乗り出す。

大規模災害時に活用したい考えだが、将来的にデータベース化が進んだ場合、災害時以外の身元不明遺体の捜査にも役立つとみられる。

 警察庁は「相応の捜査を尽くしても判明しない」として警察により「身元不明死体票」が作成され、その後も特定されていない遺体を「身元不明遺体」と定義している。

その数は記録が残る1995年以降、計1万9673人(2012年末時点)に上っている。

 東日本大震災の犠牲者で身元が分からない131遺体(今年3月時点)については、身元確認のための捜査が続いているためほとんど含まれていない。

 身元不明死体票が作成された後に身元が判明したケースは95年の753人から年々落ち込み、99年以降は100〜200人台にとどまっている。

身元確認の決め手となる生前の資料は限られているのが現状だ。

 仮に歯科医の電子カルテのデータベース化が進めば、こうした遺体の身元がスムーズに確認できる可能性がある。

ただし、実現には個人情報保護などの観点から課題も多く、効果と弊害を踏まえた議論が求められる。【宇多川はるか】

keyword

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策