▶新規会員登録

ニュース

2009/07/23

厚生労働省・行政・政治

オバマ大統領「医療保険制度 年内目指す」

 バラク・オバマ大統領は7月22日、記者会見を行ない、医療保険改革法案成立へ意欲を示した。会見によれば、アメリカ国民のうち、4700万人が保険に加入していない現実を挙げて、医療保険改革が必要だと訴えるとともに、現在の政府案は、長期的に医療費を下げることになると国民に理解を求めた。クリントン政権時代にも議論されたのだが、失敗に終わった医療保険改革。オバマ政権内政上の最優先課題として、夏休み前までに上下両議院での法案通過を目指してきました。しかし、コストの増加を賄うために、中小企業への負担増、富裕層への増税を求めるなどその具体案が明らかになるにつれて反発が強まり、世論調査でもオバマ政権の医療保険改革に対する支持が、50%を切ってしまった。このため、目標とする年内の法案成立が危うくなると危機感を受けた記者会見となった。医療保険を巡る攻防は、オバマ政権の前途を左右する正念場なったと見られる。

奥村 勝 氏

オクネット代表。明治大学政経学部卒業後、一般企業に就職。さらに東京歯科技工専門学校を経て歯科医院、歯科技工所に勤務。さらに日本歯科新聞社編集部記者、雑誌「アポロニア」(日本歯科新聞社)編集長、新聞「Dental Today」(医学情報社)編集長を歴任

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

ガムを噛んで唾液を出すだけ!唾液検査用ガム

医療広告ガイドライン対策