インプラント医療トラブル第 1 位:神経損傷:37.5%

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

平成 24 年 5 月 31 日

学会員各位

学術委員会

緊急アンケート調査結果の報告(速報)

インプラント手術関連の重篤な医療トラブルに関する緊急アンケート調査に

ご協力いただきましてありがとうございました。おかげ様で、アンケートの「速

報」が出来上がりましたのでご報告申し上げます。

対象となりました 79 の本学会認定施設にアンケート調査用紙を配布し、74

施設から回答を得ることができました(回収率 94%)。

これも一重に先生方の御

協力のおかげと感謝申し上げます。

今後、アンケート調査の最終結果は、トラブルの原因等も含めて集計、分析

したうえで、7 月に発行されます本学会誌に掲載する予定であります。詳細は学

会誌をご覧いただきたいと存じます。

対象施設:日本顎顔面インプラント学会認定施設 79 施設

対象症例:インプラント手術関連の重篤な医療トラブル症例

(ほとんどの症例は、他施設でのトラブルの後処置)

調査期間:2009 年 1 月から 2011 年 12 月までの計 3 年間

調査内容:インプラント手術関連の重篤な医療トラブルの種類、件数、部位、

推測原因

結果

1. トラブル総数 421 件(2009 年度:158 件、2010 年度:127 件、

2011 年度:136 件)

2. トラブルの種類

第 1 位:神経損傷:158 件(37.5%)

内訳:下歯槽神経損傷:117 件、オトガイ神経損傷:36 件、眼窩下神経損傷:3 件、舌神経損傷:2 件

第 2 位:上顎洞内インプラント迷入:63 件(15.0%)

第 3 位:上顎洞炎:61 件(14.5%)

 

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる