あずきバーの”硬さ”に井村屋がTwitterで注意喚起

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

livedoor NEWS ナリナリドットコム 2013年8月15日(木)

 

井村屋は、Twitter公式アカウントで、主力商品のひとつ「あずきバー」の"硬さ"に関する注意喚起を行っている。 

この注意喚起は、あるTwitterユーザーの「歯医者『どこかにぶつけた?』 俺『あずきバーを...』

歯医者『それは仕方ないですね。夏場は多いんですよ、あずきバーに負ける人』」というツイートに、井村屋のアカウントが「ビク!」と反応したことがきっかけ。

寄せられた「折れた人っておるんですかね?」との質問には「うーん、なんとも言えないのですが、でも本当に硬いのでお気をつけ下さいませ」とマジメに注意を促し、さらに「歯医者です。今日ちょうどあずきバーにハマって歯がしみるという患者さんが来られたので、つい反応。歯科界はもっとあずきバーに注目すべき?」との声には「おまかせします」と返した。

そして「あずきバーは硬いから歯には気をつけてね!あと、袋から出してすぐは唇や舌にひっつく時もあるから、それも気をつけるんだよ」と、需要が高まるこの暑い夏、「あすきバー」愛好家に向けて優しく呼びかけている。

あずきバーの"硬さ"は、「あずきバーはなぜ堅い? おいしい雑学200」(おいしい雑学研究会/オレンジページ)といった書籍が出版されるほど、しばしば語られるテーマ。昨夏この話題を取り上げた日本経済新聞によると、その"硬さ"は「(あずきバーの)原材料は小豆、砂糖、コーンスターチ、塩のみ。食品添加物は一切使わず、凍っても軟らかい脂肪分を含む乳製品も入らない。和風の自然な風味にこだわるがゆえの硬さ」だという。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる