「日本笑い学会」 あらゆる職業の人々が参加

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

「日本笑い学会」が設立15年を迎えたという。

学会長は、井上宏・関西大学名誉教授。

笑うことが、免疫系や内分泌系、精神神経系に良い影響を及ぼすことが実証されている。

つまり、笑いを治療に取り入れた「予防医学」である。

市民参加型の研究活動が、日本笑い学会の特徴。

会員は大学や研究機関の専門的研究者のみならず、あらゆる職業の人々が参加しており、他のアカデミックな学会と違う。

また、学会誌「笑い学研究」は、専門的論文のほか、生活体験リポート、エッセイなどが掲載されている。

「笑いの総合研究」を目指して活動しており、その内容は多岐にわたっている。

笑いと健康、笑いと医学・医療・介護・心理学、笑いの生理学、笑いの理論、笑いの哲学、笑いと社会、笑いと人間関係、笑いとビジネス、笑いと教育、笑いと民族など笑いの研究分野は広い。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

閉じる