「守り・育て・参加する学校歯科保健活動の実践」

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

平成22年度沖縄県学校歯科保健研修会 日時: 平成23年 3月19日(土) 午後7時30分開始 場所: 県歯会館講堂 演 題−生涯を通した健康つくりを目指して−講演者日本学校歯科医会理事 渡辺賢治 略  歴昭和58年3月       明海大学歯学部卒業昭和62年12月〜現在   渡辺歯科医院開院昭和63年4月〜現在   美里町立中央小学校、中央中学校校医               青空、堅志田、青葉保育園園医平成21年4月〜現在   日本学校歯科医会理事平成21年4月〜現在   熊本県歯科医師会専務理事 学校歯科保健活動には、「保健管理(守る)」と「保健教育(育てる)」という二つの柱があり、この二つを円滑、効果的に推進するために学校、家庭、地域、専門家が連携した「組織活動(参加する)」の充実が必要です。個人個人の素晴らしい能力や才能を開花させ、それぞれの夢を実現させる時、「健康」は大切な条件の一つであり、学校歯科保健活動における子どもたちの「歯・口の健康つくり」や「食育」を通して、自ら考え、自ら判断し、自ら行動する、生涯にわたって健康で自律した生活を実践できる子どもたちの育成を図っていかなければならないと考えます。人口5,500人規模で、3つの保育園(園児総数150名)と小学校(児童数220名)、中学校(生徒数120名)がある地域での、乳幼児期から中学校までの一貫した、守り・育て・参加する学校歯科保健活動を紹介し、学校歯科保健のあるべき姿を皆さんと一緒に考えて見たいと思います。
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる