「医科歯科の連携を」初のフォーラム

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

大分放送 2012年 1月29日 

入院患者の口腔ケアなどで、医療と歯科医療の連携を深めようと、医師などが参加したフォーラムが大分市で開かれた。

このフォーラムは湯布院厚生年金病院と大鶴歯科医師会が開催したものです。

1月29日は、医療と歯科医療の連携を進めている、長崎リハビリテーション病院の栗原正紀院長が講演し、患者の50%以上が入院時の口腔衛生に問題があると指摘した上で、「食べることなど口腔の機能を重視する必要がある」と話しました。

県内では、湯布院厚生年金病院と大鶴歯科医師会が、すでに連携システムを作っていて、主催者は県内でも医科歯科の連携を広げたいとしています。

記事提供

© Dentwave.com

閉じる