「前歯溶けても」歯医者に行けない子どもたち

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

2011年11月19日  

一般ニュース(テレビ映像で伝えた) 

歯が「崩壊」する子供たち...「5歳で乳歯全てが虫歯。前歯6本は溶けて消失」「1歳児、生えたばかりの歯が半分溶ける」

・溶けてなくなった前歯。これらはすべて、子どもたちの「虫歯」です。

5歳8か月の男の子は、 20本の歯すべてが虫歯となっています。 

 なぜ、これほどまでにひどい状態になったのでしょうか。

いま、子どもたちの健康が 

 脅かされています。

一体、何が起きているのでしょうか。

・5歳女児、乳歯の殆どが虫歯で、前歯6本が溶けてなくなる。 

 1歳8ヶ月の子供は、前歯が生えたばかりなのに半分溶けている。 

 2歳8ヶ月の子供は溶けた歯から神経が表面に出て、炎症起こして発熱。 

・「子供の歯の崩壊」事例がたくさんある。 

 虫歯放置の理由は「家庭環境」にある。多くの親が経済的に困窮。 

・40代Aさん「子供を歯医者につれていけない」「高いってイメージある」 

 トラック運転手の夫は病気で失職。母はパート。 

 「歯科検診の紙を、子供が親に心配かけまいと捨ててしまう」 

 「歯が痛いときはグッと噛んでたら治るから、それでガマンする」 

・虫歯が見つかっても半数が治療に行かない、大阪の小学校。 

・最大の要因は、自治体によって医療費補助に格差があること。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

閉じる