「保険でよい歯」東京連絡会のよい歯シンポジウム

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

「生きること・食べること」(1)

 

「保険でよい歯」東京連絡会の食を考える6.6保険でよい歯シンポジウム「生きること・食べること」が6月6日、東京・新宿区南元町の東医健保会館ホールで開かれた。

歯科医師、歯科衛生士、一般の人たち50名ほどが参加した。

自分の歯で食べられることが、健康の保持につながる。

だが、現実はどうであるのか?

口から食べずに、胃から管を通して、栄養を補給されている人たちがいる。

どこに問題点があるのか?

シンポジウムは、医科分野に対する問題の投げかけであり、患者さんとその家族へのメッセージでもあった。

歯科医師の森元主税さんがコーディネーターを務めた。

安藤節子さん(管理栄養士)、林恵子さん(保健師)、五島朋幸さん(歯科医師)がシンポジストとして報告し、フロアの質問を受けた。

以下が概要である。

安藤節子さん(管理栄養士)

食べるという営みのなかでは、家族と一緒に食べることが大切である。

子どもが一人で食べる食事は、食事ではないと思う。

一人で食べることが、多くの問題につながっていると思う。

食事は自立にもつながるが、自立できないままに大人になることに問題があるとおもうが、幼児期、せめて学齢期、小学校の真ん中までに生活の基本的な土台を作ってもらう。

その生活の基準に食事の比重があると思う。

生活の土台ができていると伸縮自在にできる。

そこで、我々大人はどのように意識して、向かった方がいいのだろうかと思うことが多い。

生活が多様化しており、一つの方向性では言えないと思うが、もっと普段でいいと考えている。

普通に生活の流れを意識できるといいと思う。

インターネットの情報で、テレビのドラマの1コマのような食事を作る。

毎日がお祭りのようで、子どもは喜ぶかもしれない。

しかし、日常性を逸脱しているのではないかと思う。

子どもに一人で食事をさせ、母親はメールのチェツクをしている。

日常性が、その家庭の文化として伝わっていけばいいと思っている。

食事とおやつの区別がつかない。

あるいは、しょっちゅう物を口にしている。

生活のリズムとして危惧するところだ。

 <参考>

胃瘻(いろう)とは、主に経口摂取困難な患者に対し、人為的に皮膚と胃に瘻孔作成しチューブ留置し水分・栄養を流入させるための処置。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる