面接のファッションについて

面接のファッションについて

「超定番」じゃなくても、場を意識していればOK!やっぱり就職活動は、黒かネイビーのスーツに白のシャツが基本です。もちろん、あまりに突飛な服装はNG。でも、場を考えた服装であればOK。 「面接に適しているかどうか」を判断基準にしよう。
1.スーツは派手すぎない色ならOK!
黒やグレー、ネイビー以外でも派手すぎなければ大丈夫。女性なら、ベージュのスーツやパンツスーツでもOK。

シャツは白以外なら、薄い水色なども好印象
シャツは白にこだわらなくても大丈夫。薄い水色、ピンク、ベージュ、ストライプなど、あまり派手にならないものが無難。

2.カットソーやニットも許容範囲
フリルやレースなど、あまりにゴテゴテしたものでなければ、インナーにカットソーやニットを合わせるのも可。ただし、胸の開きすぎたものはNGなので注意!

3.靴はスーツの色を考えて…
ピカピカに磨いてある靴で印象UP。靴とバックの色を合わせると、全体がまとまった印象に。ミュールやサンダル、ブーツは避けよう。

4.コートもカジュアルなものは避ける
スーツに合わせて、きちんとしたものを選び、医院に入る前には必ず脱いでおく。

5.髪やメイクは「清潔感」を大切に
医療現場は清潔感が第一。明るすぎる髪や強すぎるパーマに抵抗がある先生もいる。髪が長い場合、面接中に顔に落ちてきた髪をかきあげたりするのは、落ち着きのない印象を与える。メイクはナチュラルに。 パール系のアイシャドウや、ツヤツヤなリップグロスは避けたほうがベター。

閉じる