▶新規会員登録

学会・セミナー検索

イベントピックアップ

口腔外科手術の基本~安全な抜歯と…

2019年8月31日(土)~2019年9月1日(日)

開催地:東京都

GPのための実践的抜歯テクニック習得…

2019年7月20日(土)・2019年7月21日(日)・2019年8月18日(日)

開催地:福岡県

学会・セミナー・デンタルショー検索

セミナー一覧

実践デジタルインプラントベーシックコース インプラント治療とデンタルテクノロジーの融合

カテゴリ

インプラントメーカー主催セミナー インプラント関連 基礎系関連 補綴関連

日時

2019年11月7日(木)

講師

岩本 麻也先生

開催地

大阪府

会場

新大阪丸ビル別館

費用

35,000円

定員

20名

事務局

株式会社プラトンジャパン

TEL:042-737-6705FAX:042-734-1109http://www.platonjapan.co.jp/pdf_platon/2019_Dr_Iwamoto_course.pdf

コメント

従来法とデジタルテクノロジーの使い分けを、より臨床に近いかたちでインプラントの基本とデジタルテクノロジーを融合させた
新しいベーシックコースとなっています。
これからインプラント治療を導入予定の先生はもちろん、
一歩進んだ治療を考えている先生にお勧めのコースとなっています。
特別講師に木村健二先生をお迎えします。

※上記の内容は変更になっている場合がございます。
事前に該当セミナーの事務局にご確認くださいますようお願い申し上げます。

【無料】歯科医院開業セミナー

カテゴリ

その他 経営関連

日時

2019年11月7日(木)・2019年11月24日(日)

講師

株式会社インサイト

開催地

東京都

会場

新宿野村ビル48階

費用

無料

定員

10名

事務局

株式会社インサイト

TEL:04-7150-8880seminar@insite.co.jp
http://www.insite.co.jp/wp/?page_id=419

コメント

歯科開業に特化したコンサルティング会社のインサイトだからこそお伝えできる開業のポイントや注意点など、事例やセミナーでしか公開していない情報と共に成功の秘訣とノウハウをレクチャーします!

(タイムスケジュール)10時~17時
10:00~ 歯科業界の現状と将来
11:00~ 物件/立地選定≪理論編≫
12:00~ 昼食 お弁当付き
13:00~ 物件/立地選定≪実践編≫
14:00~ 資金調達/事業計画
15:30~ 集患/広告宣伝
17:00~ 質疑応答

コンサルタントも同席致しますので、ご不明点やご質問等にお答えする事ももちろん可能です。

※上記の内容は変更になっている場合がございます。
事前に該当セミナーの事務局にご確認くださいますようお願い申し上げます。

11/9 iSight支台歯形成Basic Course

カテゴリ

審美治療関連

日時

2019年11月9日(土)

講師

窪田 努先生

開催地

大阪府

会場

大阪ヨシダ他

費用

135,000円

定員

8名

事務局

iSight事務局

TEL:090-3860-6110dental.iSight@gmail.com
https://www.dental-isight.com/

コメント

保険診療にCT、CAD/CAM 冠が導入され、デジタルを活用した治療が身近になってきました。そして、口腔内スキャナーが導入されれば、歯冠修復治療のデジタル化はさらに加速するでしょう。

 デジタルを導入すれば、より便利に簡単になると思われがちです。確かに、口腔内スキャナーによる印象採得は、患者の負担が減り、口腔内が直接デジタル化されるので、より正確に、治療のスピードアップにつながります。しかし、材料の寸法変化、技工士のテクニカルエラーが排除されるので、補綴物の適合を左右するのは支台歯の良し悪しだけとなり、簡単になるどころか、より基本に忠実な治療が要求されます。技工士が大きなモニタ上で、デジタルワックスアップするのに対して、歯科医師が肉眼で感覚的に支台歯形成を行っていては良い結果を得ることは難しい。より良い適合を補綴物に求めるならば、支台歯形成において拡大鏡やマイクロスコープを使うことは必須となります。

 支台歯形成を学ぼうとする場合、支台歯形成は一度削るとどこをどれだけ削ったのかが分からないので、客観的な評価が難しく、抽象的な指導しか受けられず、技術の習得が困難でした。本コースでは、形成した支台歯をスキャンし、「削った支台歯」と「最終補綴物の歯冠形態」と「理想的な支台歯」をCAD 上で重ね合わせ、どこに問題があるのかを可視化し、具体的に解説するので、受講生が自ら気づき、改善できるので、早く技術の習得ができます。

 歯科医師は、知識を手に伝えて、具現化しなければなりません。デジタル時代だからこそ学び直したい支台歯形成の知識と技術をお伝え出来ればと思います。

※上記の内容は変更になっている場合がございます。
事前に該当セミナーの事務局にご確認くださいますようお願い申し上げます。

11/10 iSight支台歯形成Basic Course

カテゴリ

審美治療関連

日時

2019年11月10日(日)

講師

窪田 努先生

開催地

大阪府

会場

大阪ヨシダ他

費用

135,000円

定員

8名

事務局

iSight事務局

TEL:090-3860-6110dental.iSight@gmail.com
https://www.dental-isight.com/

コメント

保険診療にCT、CAD/CAM 冠が導入され、デジタルを活用した治療が身近になってきました。そして、口腔内スキャナーが導入されれば、歯冠修復治療のデジタル化はさらに加速するでしょう。

 デジタルを導入すれば、より便利に簡単になると思われがちです。確かに、口腔内スキャナーによる印象採得は、患者の負担が減り、口腔内が直接デジタル化されるので、より正確に、治療のスピードアップにつながります。しかし、材料の寸法変化、技工士のテクニカルエラーが排除されるので、補綴物の適合を左右するのは支台歯の良し悪しだけとなり、簡単になるどころか、より基本に忠実な治療が要求されます。技工士が大きなモニタ上で、デジタルワックスアップするのに対して、歯科医師が肉眼で感覚的に支台歯形成を行っていては良い結果を得ることは難しい。より良い適合を補綴物に求めるならば、支台歯形成において拡大鏡やマイクロスコープを使うことは必須となります。

 支台歯形成を学ぼうとする場合、支台歯形成は一度削るとどこをどれだけ削ったのかが分からないので、客観的な評価が難しく、抽象的な指導しか受けられず、技術の習得が困難でした。本コースでは、形成した支台歯をスキャンし、「削った支台歯」と「最終補綴物の歯冠形態」と「理想的な支台歯」をCAD 上で重ね合わせ、どこに問題があるのかを可視化し、具体的に解説するので、受講生が自ら気づき、改善できるので、早く技術の習得ができます。

 歯科医師は、知識を手に伝えて、具現化しなければなりません。デジタル時代だからこそ学び直したい支台歯形成の知識と技術をお伝え出来ればと思います。

※上記の内容は変更になっている場合がございます。
事前に該当セミナーの事務局にご確認くださいますようお願い申し上げます。

第4補綴!ヒューマンブリッジ・テクニックアカデミー

カテゴリ

補綴関連

日時

2019年11月10日(日) 10:00~16:00

講師

前島健吾 先生

開催地

東京都

会場

東京八重洲ホール 800会議室

費用

86,400円(税込)

定員

12名

事務局

株式会社プログレスアカデミー

TEL:0120-826-770http://www.mlritz.com/link/101/101/11/14/

コメント

ヒューマンブリッジは、2012年から国内でスタートした新しい技術です。そのため、国内でヒューマンブリッジを提供できる医院はまだ多くありません。今、この時点でヒューマンブリッジを提供できるようになれば、先生は先行者利益が得られます。他院にはマネできない技術で差別化しながら、自費売上を伸ばせます。

数年後、多くの歯科医院が、ヒューマンブリッジを提供するようになるかもしれません。しかし、今からヒューマンブリッジに取り組めば、先生のクリニックは、他院が追い付けない臨床実績を持つことになります。その結果、医院のブランディングができます。

そこで、今回、ヒューマンブリッジにおいて国内ナンバー1の臨床数を誇る前島先生から、ヒューマンブリッジにおける技術詳細が学べるようになりました。

※上記の内容は変更になっている場合がございます。
事前に該当セミナーの事務局にご確認くださいますようお願い申し上げます。

第19回日本訪問歯科医学会

カテゴリ

その他

日時

2019年11月10日

講師

公立大学法人九州歯科大学 教授 柿木保明先生 ほか

開催地

東京都

会場

御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

費用

歯科医師20,000円 スタッフ15,000円(7/31(水)までは特別割引 歯科医師12,000円 スタッフ8,000円)

事務局

一般社団法人 日本訪問歯科協会 事務局

TEL:0120-299-505

コメント

「今だ!夢ある医科・歯科・介護連携」をメインテーマに、今後の在宅医療における歯科のあるべき姿等について、講演や研究発表をおこないます。

※上記の内容は変更になっている場合がございます。
事前に該当セミナーの事務局にご確認くださいますようお願い申し上げます。

今日からできる!ベンディング不要のGPワイヤー矯正アカデミー

カテゴリ

矯正関連

日時

2019年11月17日(日) 10:00~16:00

講師

廣光 敦 先生

開催地

東京都

会場

東京八重洲ホール 800会議室

費用

86,400円(税込)

定員

12名

事務局

株式会社プログレスアカデミー

TEL:0120-826-770http://826770.site/15

コメント

この「ベンディング不要のワイヤー矯正」は、とてもシンプル。なぜなら、各症例において矯正方法がパターン化されているから。たとえば、下記のようなパターンになります。 

「正中離開の矯正=ブラケット+ワイヤー+パワーチェーン」「上顎前突や開咬=ブラケット+ワイヤー+エラスティックゴム」

また、叢生のように、通常であれば抜歯が必要なケースは、ストリッピングで対応し、パワーチェーンかパワーチューブを併用して矯正します。

つまり、重要なのは各症例において、エラスティックゴム、パワーチェーン、パワーチューブ、オープンコイル、リンガルボタンなどをどのように使うのか? そのパターンを理解すること。

これが、複雑に思えるワイヤー矯正からベンディングを取り除き、ワイヤー矯正の利点を活かしながら、すぐれた治療結果を得る秘訣です。

※上記の内容は変更になっている場合がございます。
事前に該当セミナーの事務局にご確認くださいますようお願い申し上げます。

【無料】歯科医院開業セミナー

カテゴリ

その他 経営関連

日時

2019年11月7日(木)・2019年11月24日(日)

講師

株式会社インサイト

開催地

東京都

会場

新宿野村ビル48階

費用

無料

定員

10名

事務局

株式会社インサイト

TEL:04-7150-8880seminar@insite.co.jp
http://www.insite.co.jp/wp/?page_id=419

コメント

歯科開業に特化したコンサルティング会社のインサイトだからこそお伝えできる開業のポイントや注意点など、事例やセミナーでしか公開していない情報と共に成功の秘訣とノウハウをレクチャーします!

(タイムスケジュール)10時~17時
10:00~ 歯科業界の現状と将来
11:00~ 物件/立地選定≪理論編≫
12:00~ 昼食 お弁当付き
13:00~ 物件/立地選定≪実践編≫
14:00~ 資金調達/事業計画
15:30~ 集患/広告宣伝
17:00~ 質疑応答

コンサルタントも同席致しますので、ご不明点やご質問等にお答えする事ももちろん可能です。

※上記の内容は変更になっている場合がございます。
事前に該当セミナーの事務局にご確認くださいますようお願い申し上げます。

【12/8】難症例攻略のために!下顎臼歯部の垂直的な骨造成

カテゴリ

インプラントメーカー主催セミナー

日時

2019年12月8日(日)

講師

水口 稔之先生

開催地

東京都

会場

アーバンネット神田カンファレンス

費用

35,000円

定員

20名

事務局

株式会社プラトンジャパン

TEL:042-737-6705FAX:042-734-1109http://www.platonjapan.co.jp/kousyu.html

コメント

「メンブレンを使わない」「人工骨のみ」での新骨造成 N2グラフト

※上記の内容は変更になっている場合がございます。
事前に該当セミナーの事務局にご確認くださいますようお願い申し上げます。

子どもの口腔機能育成における呼吸と睡眠・発育を考えるシンポジウム

カテゴリ

その他 小児関連

日時

2019年12月8日(日)

講師

増田純一先生、神川康子先生、山崎要一先生

開催地

東京都

会場

連合会館

費用

医師・歯科医師:25,000円 スタッフ(勤務医含):12,500円

定員

250名

事務局

子どもの口腔機能育成における呼吸と睡眠・発育を考えるシンポジウム運営事務局

TEL:0798-61-5771

コメント

子どもの口腔機能育成における呼吸と睡眠・発育を歯科の視点から考えるシンポジウムです。
マスダ小児矯正歯科医院 院長           増田純一先生
富山大学 顧問・名誉教授             神川康子先生
鹿児島大学大学院医歯科総合研究科 小児歯科学分野 山崎要一先生

3名の先生をお招きしてのシンポジウムです。

※上記の内容は変更になっている場合がございます。
事前に該当セミナーの事務局にご確認くださいますようお願い申し上げます。

学会・セミナー情報掲載御希望の方はこちら