▶新規会員登録

学会・セミナー検索

【6/17】新しい「接着テクニック」で変わる、これからの審美修復治療

分類

[保存修復][審美治療関連][補綴関連]

日時

2018年6月17日(日)、2018年12月9日(日)

講師

北原 信也 先生

開催地

[東京都]

会場

ペントロン ジャパン 研修センター(東京都品川区)

費用

59,400円(受講料、模型材料費、昼食代、消費税を含みます)

定員

10人

お問い合わせ先

ペントロンジャパン株式会社 担当:本橋、古川

TEL:03-5746-0316FAX:03-5746-0320

http://www.j-pentron.com/adhesive2018/index.html

コメント

審美修復治療は、決して見栄えだけの治療ではありません。審美とは、そもそも修復治療の主たる目的である「Function(機能)」、「Structure(構造)」、「Biology(生物学的恒常性)」の上にのみ存在するものです。本コースでは、私が日々実践をしている1本の歯の基礎となる支台築造、修復、最終補綴にいたるまでの全てのステップを再度見直し、先生方の日常臨床現場において、予知性の高い治療を完成させる「考え方」を講演会、実習を通して習得して頂きます。
また、昨今の接着技術の進歩はめまぐるしく、国内外において既に数え切れないほどの接着関連製品が生み出され、いったいどのような接着方法がベストであるのか、日々悩まれている先生も多いかと思います。そこで今回は、「より確実な接着をいかに実現するか」という点にフォーカスを定め、接着テクニックと信頼度の高い接着を実現するマテリアルの解説、そして最新の接着により成り立つ「シングルリテンション テクニック」なども症例を通してご紹介したいと思います。

詳細