▶新規会員登録

歯科セミナー検索

ヒューフレディ・ジャパン合同会社 低侵襲で高い効果が得られる歯周外科

カテゴリ

ぺリオ関連

日時

2019年11月17日(日)10:00~16:00

講師

二階堂 雅彦 先生

開催地

東京都

会場

ヒューフレディ・ジャパン セミナールーム

費用

45,000円(税込) ※受講料には器材代を含みます。

定員

20名

事務局

ヒューフレディ・ジャパン合同会社

TEL:03-4550-0663FAX:03-6735-4878hfj@hu-friedy.com
https://www.hu-friedy.co.jp/node/41252

コメント

■詳細・その他テーマなど
 歯周組織再生療法は1970年代の骨移植に端を発し、GTR法、エナメルマトリックスデリバティブ(エムドゲイン™)の応用と深化してきた。今世紀に入るとアメリカで成長因子を応用した再生材料が臨床応用され、さらにわが国でも長らく大阪大学を中心に開発されてきた線維芽細胞成長因子(bFGF2)製剤、リグロス™が近年発売され大きな注目を浴びている。
 超高齢社会を迎えたわが国では、歯周治療領域だけでなくあらゆる医療分野での「低侵襲」は時代の要請である。歯周外科の領域ではイタリアの歯周病専門医コルテリーニが、低侵襲な歯周外科テクニックとしてMIST(Minimally Invasive Surgical Technique)を紹介している。これは歯間乳頭を保存しマイクロブレードで最小のフラップを形成、ディブライドメントを
行ったのちに再生材料の応用を、マイクロスコープ、ルーペなどの拡大視野下で行うという術式になる。フラップ形成が最小のため術後の治癒もよく、また歯肉退縮などのネガティブな事象も少ない。
 本セミナーではMISTの実習を中心に、「低侵襲で高い効果が得られる歯周外科」についてケース選択を含め、実践を考えるセミナーとしていきたい。

【主な内容】
● 歯周病の進行に対する現在の考え方
● その中での歯周組織再生療法の位置付け
● 低侵襲な歯周治療はなぜ同時に効果も上がるのか?
● 低侵襲な手術テクニック

※上記の内容は変更になっている場合がございます。
事前に該当セミナーの事務局にご確認くださいますようお願い申し上げます。