▶新規会員登録

Monthly column

2018/11/29

医療コミュニケーションを考える -その2-

前回は、「医療コミュニケーションと接遇コミュニケーションの決定的な違い」をお話ししました。前者の目的は、「患者―医療者間の信頼関係の確立」であり、後者の目的は「会社の利益の向上(そのために行う行為)」です。

2018/10/16

医療コミュニケーションを考える -その1-

最近、医療コミュニケーションと接遇コミュニケーションを同一に考えている歯科医師、歯科衛生士、大学教員が多くなっているように感じます。このまま、この流れが主流となってしまうと歯科界は取り返しのつかないことになり兼ねないと危惧しています。

2018/09/06

【番外編】ある新人医局員との日常 ほか

前回まで歯科界のことについてかなりまじめに発信してきました。今回は夏休みとして、あるいは箸休めとして日常の話題を選んでお話しいたします。60年以上生きて来て、こんなに暑い夏は初めてだとびっくりしています。もう何年かすると、皇居はジャングル化して象やライオンが住み着き、お堀にはフラミンゴが舞い降り、千葉沖にはサンゴ礁に熱帯魚が泳ぐ、

2018/08/02

次の世代の歯科医師たちが夢を持ち、夢を語りあえるように その④

今回は、超高齢社会で生き抜いていかなければならない「これからの歯科医師はどうあるべきか?」についてお話ししたいと思います。

2018/06/25

次の世代の歯科医師たちが夢を持ち、夢を語りあえるように その③

先日、北台湾インプラント学会の特別講演に招かれ、梅雨に入り始めた台北市に行ってきました。案内していただいた先生のはからいで、台湾の陳時中 厚生大臣(衛生福利部)とも会談ができました。

2018/05/16

次の世代の歯科医師たちが夢を持ち、夢を語りあえるように その②

前回のこのコラムでは、歯科大学の卒業直前の学生たちが、自分の歯科医師という職業の将来に夢をもてない、語れないというショッキングな話をいたしました。

2018/04/04

次の世代の歯科医師たちが夢を持ち、夢を語りあえるように その①

すっかり春らしくなり桜も満開を迎えています。毎年、この時期に社会へ巣立ってゆく学生や緊張して入学してくる新入生を見て、すがすがしい、透明な気分に浸ることができるのは教職の大きな楽しみでもあり、心が洗われます。

2018/02/28

もう一つの奇跡

前回のこのコラムでは、3年前の猪苗代湖畔で起きた「奇跡の出会い」について書きましたが、今回はその2ヵ月後に起きたもう一つに奇跡についてお話しいたします。

2018/01/31

奇跡の出会い

本日よりこのコラムの連載を始めさせていただきます東京歯科大学の矢島でございます。何卒よろしくお願い申し上げます。さて、新春第1回目の話題は、奇跡的な出会いをテーマにお話したいと思います。

2016/11/14

第48回 【第1回】再生医療産学官連携シンポジウムに参加して

2006年にネズミの皮膚の線維芽細胞からiPS細胞が樹立され、それから、ちょうど10年が経ちこの10年間で何が変わったのか、そして何が今問題点として浮き彫りになったかを紹介したい。