▶新規会員登録

DENTAL TRIBUNE

2018/08/23

EuroPerio9 レポート『重度歯周病患者で抗生物質耐性が上昇。安易な使用に警鐘』

歯周病による疼痛を患者が訴えた場合、抗生物質や鎮痛剤を処方することは一般的であるが、歯周病への薬剤投与に対する明確なガイドラインはないのが現状である。本記事では、歯周病患者に対し安易に抗生物質を投与することは、薬剤耐性菌の誕生リスクを上昇させることにつながると述べられている。

2018/08/09

EuroPerio9 レポート『人口の 50% が歯周病に感染しやすい』

2018年6月20日から6月23日に"EuroPerio9"がアムステルダムで開催された。本記事では、口腔内細菌叢と生活習慣の関連性についてのインタビューの内容を取り上げる。

2018/07/05

より優れた治療結果のために 治療の進化を支えるデンタルソリューション

2016年2月、デンツプライ・インターナショナルとシロナデンタルシステムズの対等合併が完了。現在、世界中で毎日、60万人の歯科医療従事者が、600万人の患者さんに製品を使用しているという、世界最大級の歯科用材料・機器メーカーとなったデンツプライシロナ株式会社。

2018/06/26

超高齢社会の中で、歯科医が果たす新たな役割

我が国の歯科医師社会を代表する唯一の総合団体として、1903年11月に設立され、今年で115年を迎える日本歯科医師会。その活動は、乳幼児歯科健診や学校歯科健診、母子保健を通して歯科保健に貢献するほか、「8020運動」でも大きな成果をあげてきました。

2018/06/20

【カンボジア発】世界は今、どこへ向かうのか?著しい経済発展の陰で、歯科医療現場の道は未だ険しい

ポル・ポト政権の大虐殺により、一時28名にまで歯科医師数が激減したカンボジア。経済復興は目覚ましいが、医療現場の課題は山積している。

2018/06/20

【オランダ発】世界は今、どこへ向かうのか?先端医療と予防が共存する国オランダ

3D解析による診査、診断、術前シミュレーションなど、オランダでもデジタルデンティストリーの応用が進む。同時に予防医学とのバランス感覚も絶妙だ。

2018/04/13

【アメリカ発】世界は今、どこへ向かうのか?臨床、教育現場で拡大し続けるデジタルデンティストリーの波

グローバル化が進むことによって、歯科医療の情報格差はもはや過去のものとなった。世界は、今後、どこに向かうのか?各国の最前線レポートをお送りする。デジタルデンティストリーの恩恵は、もはや日常的である米国の歯科臨床。人の叡智との共存が課題だ。

2018/04/06

【オピニオンリーダーに聞く】グローバルな歯周病学会を目指し、海外の学会と連携、年次大会を開く

日本の歯科臨床医を対象とした日本臨床歯周病学会は、今年で設立36年目を迎え、会員も約4,500名に増えました。同学会理事長である浦野智先生に、学会の活動内容や理事長としての思い、

2018/03/29

【企業トップに聞く】歯科領域の健康管理を目指しMiと審美治療の製品を開発

豊かな健康長寿社会を築いていくために、人が生きていく上で欠かせない「食」の入り口である歯の健康が重要視されています。そのベースとして治療による天然歯への侵襲を最小限に抑え、審美的な結果を導き出し、患者のニーズを汲み取ることのできる歯科治療、また、治療と予防一体型の歯科医療の展開が提唱されています。

2018/03/22

【サウジアラビア発】世界は今、どこへ向かうのか?欧米と肩を並べる教育制度と専門医制度

グローバル化が進むことによって、歯科医療の情報格差はもはや過去のものとなった。世界は、今後、どこに向かうのか? 各国の最前線レポートをお送りする。