▶新規会員登録

記事

2019/02/15

第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

2019年2月2日・3日に第112回歯科医師国家試験が行われた。
本稿では、本回の第112回歯科医師国家試験の傾向・今後の歯科医師国家試験の流れや取り組み方について紹介したい。

問題の傾向

第112回歯科医師国家試験の難易度は、やや難といわれていた昨年よりもさらに難しく、史上最難関といっても過言でないものであった。
 第112回歯科医師国家試験は、簡単な問題と難易度の高い問題の差が非常に激しかった点に関しては第111回歯科医師国家試験と同様の印象を受けるが、特に基礎教科(解剖学、生理学、病理学など)を中心に教科書などのかなり細かい内容が出題されていた前回の国家試験に対し、今回の歯科医師国家試験ではその傾向が今回では他の教科にも波及し、より加速されたような印象を受ける。それが今回の歯科医師国家試験の難易度が昨年より高まったと感じた理由でもある。
さらに、「解答を導き出すにあたり他の教科の知識を活用する必要性のある問題」や「基本的内容や過去に複数回出題された内容ではあるが今までに聞いたことのない視点からの問題」が増加しており、反対に過去問通りという問題は大幅に減少していた。 「消去法で解かざるをえない」「手順を並べ替える問題や計算問題の出題が多く、その難易度も高かった」という声も少なからずあり、また考えなければ解けない問題が多数出題されたことは歯学部入学時の偏差値など、大学入学時以前の学習が影響するものでもあったのではないだろうか。
例題として112回歯科医師国家試験に出題されていた問題を2問示す。
112A-32
 口腔細胞診のガイドライン(2015)による分類はどれか。1つ選べ。

a Bethesda分類
b Borrman分類
c NYHA分類
d Paris分類
e Vienna分類

解答:a


この問題は口腔細胞診のガイドラインに関する分類を問うているが、歯学部の教育で等しく指導されているか疑問が残るところである。
112B-52
 口腔外傷予防のためのマウスガードで正しいのはどれか。2つ選べ。

a ひどい汚れは熱湯で洗浄する。
b 運動量が多いスポーツでは装着できない。
c コンタクトスポーツでは使用が推奨される。
d カスタムメイドタイプは作業用模型上で製作する。
e マウスフォームメイドタイプは良好な装着感を得やすい。

解答:c , d


近年の歯科医師国家試験のトレンドともいうべき
・英語、時事問題の出題
・医学的知識への拡充、新しい治療法に対する知識
・高齢者・嚥下・救急災害時の歯科保健対策・法歯学などに関する問題

は引き続きの出題がみられたが、第112回歯科医師国家試験ではより問題が多様化していた。より幅広い知識を持つ歯科医師を育成したいという傾向の表れであろうか。

結語

第111回歯科医師国家試験では、従前より必要とされてきた「皆が正解できる問題を確実に正解する能力」、「同じ意味の事柄を他の言葉に変換する能力」「より踏み込んだ内容を押さえること」が要求されていた。
今回の第112回歯科医師国家試験では、その傾向がより強まっており、「考えさせる歯科医師国家試験」へのシフトは今後より進行すると推測される。
歯科医師国家試験の難関化という流れに対応すべく、各大学においても現行の歯科医師国家試験に対応したカリキュラムの作成や歯科医師国家試験に合格できる学生のみを選抜していくために低学年から留年者数が増加しているのはここ数年の流れであるが、今回の試験を受けてこの流れがさらに加速し、留年者数のさらなる増加の可能性が考えられる。 学生にも低学年の時点より将来のCBT(computer based testing)や国家試験を見据えた学習習慣の確立が求められることはもちろんであるが、大学側においても、引き続き歯科医師国家試験に対応できるカリキュラムの構築、学習に不安のある学生のフォロー、予備校などとの提携など、一人でも多く出口を突破できる学生を増やせるような対策が必須であることは言うまでもない。
第112回歯科医師国家試験は難問と平易な問題の差が激しく、また比較的平易な問題でもその難易度が底上げされている印象を受ける試験であった。しかしながら、平易な問題を正答できなかった学生から合格の可能性が低下していくことには変わりはなく、比較的細かい内容の出題が目立ったこともあり低学年からの積み重ねがより一層重要視される試験であったように思える。 今後の歯科医師国家試験は平易な問題を確実に落とさないということ、低学年からの積み重ねがより重要となることは論を待たないが、難しい内容での足切りではなく、基本に即した内容での難度上昇が重要であろう。
 考える問題の多数の出題は歯学部入学時の偏差値など、大学入学時以前の学習までもが影響し、大学教育での努力が反映されるかいささか疑問が残る。
今後は考えさせる歯科医師国家試験となる傾向は加速していくと思われる。しかしながら、学生の聞いたことのない内容の出題より想起できる問題が重要であると考える。 計算問題や臨床手技の手順を問う問題は大学によって授業内容にばらつきが出ることも想定されるため、より基本に即した出題が望まれるだろう。

東京デンタルスクール 岡田優一郎
執筆協力 岩脇清一



オススメ記事

記事一覧
第112回歯科医師国家試験 大学別合格者状況と今後の展望(2019/03/20)英語で読むDENTAL TRIBUNE(2019/03/19)メディカルネットが開業をサポート(2019/03/06)2019年2月版 歯科関連ニューストップ10(2019/03/01)第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望(2019/02/15)2019年1月版 歯科関連ニューストップ10(2019/02/01)パラオ共和国ベラウ国立病院における草の根医療ボランティア活動(2019/01/28)医療広告ガイドライン対策 歯科医院のホームページも広告規制対象に(2019/01/15)日々の臨床に『思い込み』はないか? 情報のアップデートが日々必要な理由(2018/12/28)歯科業界 1年間の振り返り 2018年版(2018/12/27)現存歯列を守るパーシャルデンチャーに必要な具備要件とは?(2018/12/17)2018年11月版 歯科関連ニューストップ10(2018/12/07)チーム医療で取り組む歯科医院づくりの実践(2018/12/04)医療に関わった人たちのコレクションを収蔵し、酒づくりの歴史を伝承する(2018/12/03)がん患者さんの口腔管理(2018/11/16)歯周病との向き合い方を変える時代がやってきた(2018/10/25)歯科医師臨床研修の「いま」 ~臨床教育は、「目で盗め」から「見守る」時代へ~(2018/10/15)【咀嚼能力測定用グミゼリー】簡単、かつ速やかに正確な口腔機能低下症の診断手段として(2018/10/04)診断AIシステムの開発研究(2018/09/27)臨床歯科麻酔科医グループ・CDACとは(2018/09/25)世界標準のフッ化物応用を始めよう(2018/09/19)いま求められる「過不足のない消毒滅菌管理」—消毒滅菌管理にも断捨離をー(2018/09/12)ボリビアにおける歯科医療の実態とは?(2018/08/17)5-D Japan 10周年記念大会-世界の潮流と5-D Japan コンセンサス(2018/08/10)歯科分野に係る診療報酬改定に関するポイント -地域包括ケアシステム編(3)-(2018/07/12)歯科分野に係る診療報酬改定に関するポイント -地域包括ケアシステム編(2)-(2018/07/05)歯科分野に係る診療報酬改定に関するポイント -地域包括ケアシステム編-(2018/06/27)【プレスリリース紹介】歯並びが悪いと、3分磨いても歯垢は落とし切れない?!(2018/06/11)歯科分野に係る診療報酬改定に関するポイント -院内感染防止対策編-(2018/05/14)【特集記事】第111回歯科医師国家試験の総評と今後の展望(2018/03/23)International Magazines紹介(2018/01/12)20代~60代女性500名を対象とした「美容にかかる費用の比較調査」(2017/11/22)60代以上の男女400名を対象とした「歯並びと歯の残存数に関する意識調査」(2017/04/24)最新!オトナの歯列矯正事情(2016/06/03)

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

がん患者さんの口腔管理

医療広告ガイドライン対策