▶新規会員登録
  • HOME
  • 記事
  • DENTAL TRIBUNE
  • 【トップ歯科技工士に聞く】CAD/CAMの本当の恩恵とは?「患者本位の歯科技工」

記事

2018/12/20

【トップ歯科技工士に聞く】CAD/CAMの本当の恩恵とは?「患者本位の歯科技工」

CAD/CAMの登場は、補綴治療、歯科技工のあり方を大きく変えました。従来、歯科医師・歯科技工士の経験、スキルに左右されがちだった補綴治療も、今ではCAD/CAMによって「標準化」「再現性」のある治療へと進化し、さらなる恩恵を患者、歯科医師、歯科技工士にもたらしつつあります。「CAD/CAMは歯科技工の新しい世界を開く」と説く、歯科技工ラボ・パシャデンタルラボラトリー代表であり歯科技工士の枝川智之氏に伺います。

CAD/CAMの3大メリット 標準化・再現性・情報の共有化

Dental Tribune Japan:CAD/CAMの導入から6年と伺いましたが、そのメリットは?

枝川氏:
1つ目は、歯科技工の技術を「標準化」できたことです。従来、歯科技工の技術の習得には経験値が必要でしたが、今は新卒でも、CAD/CAM操作により「標準的」な仕事ができる。つまり、模型からコーピング作製という歯科技工の土台部分を、標準的なレベルで誰もが容易に達成できます。また、「再現性」もあるので、前回作ったプロビジョナルレストレーションの一部手直しなども、データからそこの部分だけを修正できます。その上で、人の手でなければできない残された部分=審美性や患者さんの個性、要望に合わせた色、形の再現などクリエイティブな部分に、より時間をかけることができるようになりました。

2つ目は、デジタル化により歯科医師と具体的な数値や画像を基に、どのような補綴物を作ればよいかを「共有化」できるようになり、多くのメリットが生まれました。

例えば、歯冠長に関しての先生からの指示も従来は、「歯を少し長くしてほしい」という曖昧な表現のオーダーが常で、その擦り合わせに多くの時間がかかっていました。それがデータ共有により、モデリング画像を基に、より具体的なオーダーに変わりました。導入後は形態や色など、より患者さんの個性や要望を実現するための歯科技工にもっと時間をかけ、より質の高い補綴物を作ることができるようになったのです。

その一環として当社では、CAD/CAMを活かしたインプラント治療の際、お付き合いのある先生とは、治療計画時から参画しています。具体的には先生からの模型を当社でデータ化し、インプラント埋入位置や最終補綴物に関する評価をお伝えします。先生は当社から送られた石膏模型のSTLデータを重ね合わせて設計し、インプラント埋入の位置関係を決める、という流れです。このように治療ゴールを互いに可視化し、具現化することで、早い段階で問題点を見つけ、解決策を練り合う。こうすることで、治療結果がより確実なものになったと思います。

▶詳細はこちら

枝川 智之(えだかわ ともゆき)パシャデンタルラボラトリー 代表取締役
  • パシャデンタルラボラトリー 代表取締役
  • 歯科技工士
記事一覧
歯科医療従事者に一層求められる役割「口腔癌の早期発見」(2019/06/13)【歯科法務に強い弁護士に聞く】歯科の個別指導、 どう対応すればいい?(2019/05/14)【スタディ・グループに聞く】 女性歯科医師の会(WDC)、設立10年 生涯研修、仲間づくりを目指して(2019/05/13)【学会理事長に聞く】 会員サポートと、国民への啓発 両面からの活動で、一歩でも前へ(2019/05/10)第38回ドイツIDS プリビュ・ショー記事 第4弾 口腔内スキャナ編(2019/03/15)3-Dプリンターの流行は歯科業界により作られる(2019/03/01)第38回ドイツIDSプリビュ・ショー 歯内・歯周編(2019/03/01)2019年第38回ドイツIDS (国際デンタルショー) の開催まであと少し!(2019/03/01)中東国(ヨルダン)における小児口腔ケアの課題(2019/02/21)壊疽性口内炎(水癌)のリスクファクター(2019/02/13)メタルフリーで軽く、会話・食事が快適になる可撤式部分義歯(2019/02/04)「臼歯マイク」による個人用通信システムが米国国防総省から数百万ドルの資金提供を受ける(2019/01/28)歯周疾患治療で肝硬変患者の症状改善の可能性がある(2019/01/21)小児患者の歯科恐怖症を最小限まで和らげる動機付けの方法とは?(2019/01/15)MTA(MAP system)を用いた直接覆髄により歯の予後が安定している症例(2019/01/15)口腔灼熱症候群患者に関する新たな発見について(2019/01/07)HPV関連癌が最もよくみられるのは口腔内であるとの報告(2018/12/28)2018年の世界の主要学会の動き & 2019年の主要学会、あなたはどこへいく?(2018/12/28)【トップ歯科技工士に聞く】CAD/CAMの本当の恩恵とは?「患者本位の歯科技工」(2018/12/20)イノベーションが企業の原動力であると信じています。(2018/12/20)【糖尿病専門医に聞く】歯科の最大の強みは「連続性」。子どもから高齢者まで、慢性疾患予防のアプローチを(2018/12/20)陽極酸化処理されたインプラントの生存率は98.5%(2018/12/12)欧州流アンチエイジング健康法~活性酸素を溜めない生活習慣とは?~(2018/12/10)臨床歯科医と歯科麻酔科医のチーム医療実現と環境の構築(2018/09/13)歯科学生の研究意欲向上と歯科医療の高度な発展に貢献するSCRP(2018/09/13)歯周病およびインプラント周囲疾患の新分類 ~歯周病の本質にせまる20年ぶりの大改訂~(2018/09/10)健康長寿社会の実現に向けた歯科医療のイノベーションを起こす(2018/09/10)インプラント治療を通し、歯科系最大学会として、超高齢社会における責任を果たす(2018/09/10)EuroPerio9 レポート『重度歯周病患者で抗生物質耐性が上昇。安易な使用に警鐘』(2018/08/23)EuroPerio9 レポート『人口の 50% が歯周病に感染しやすい』(2018/08/09)より優れた治療結果のために 治療の進化を支えるデンタルソリューション(2018/07/05)超高齢社会の中で、歯科医が果たす新たな役割(2018/06/26)【カンボジア発】世界は今、どこへ向かうのか?著しい経済発展の陰で、歯科医療現場の道は未だ険しい(2018/06/20)【オランダ発】世界は今、どこへ向かうのか?先端医療と予防が共存する国オランダ(2018/06/20)【アメリカ発】世界は今、どこへ向かうのか?臨床、教育現場で拡大し続けるデジタルデンティストリーの波(2018/04/13)【オピニオンリーダーに聞く】グローバルな歯周病学会を目指し、海外の学会と連携、年次大会を開く(2018/04/06)【企業トップに聞く】歯科領域の健康管理を目指しMiと審美治療の製品を開発(2018/03/29)【サウジアラビア発】世界は今、どこへ向かうのか?欧米と肩を並べる教育制度と専門医制度(2018/03/22)【オピニオンリーダーに聞く】学問を通して歯科医療の重要性を国民にアピール(2018/03/16)International Magazines紹介(2018/01/12)歯科医は臨床データに裏付けられた 科学者であるべき(2017/12/04)欧米の考え方と取り組み方を学び、アジア歯科医療のリーダーになろう(2017/11/26)留学体験は大きな財産。 論理的思考と感性が磨かれた(2017/11/13)アメリカの大学院で学んだ歯科医師としての倫理観を大切に(2017/11/06)世界の歯科の動きにアンテナを巡らせ、日本の優れた歯科医療を世界へ発信(2017/10/30)

ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策