▶新規会員登録

記事

歯科医は臨床データに裏付けられた 科学者であるべき

自問自答からインプラントを学び直す

私は1999年からインプラント治療を行っていますが、当時のインプラントは「うまい」か「へた」ですべてが流れていました。歯科雑誌ではうまい治療ケースや、うまい歯科医がいろいろ紹介され、若いときはそれを見て「私もそうなりたい」と思ったものです。
歯科医院を開業し、ある程度の経験も積み、インプラント治療への自信もついてきましたが、一方で「本当にこのままでいいのだろうか」という思いもありました。そこで、一度、しっかりとインプラントの基礎から学び直そうと、スウェーデンでの1週間の研修に参加しました。
毎日、朝8時から夜の6時まで、びっしりと行われる講義の中で、何よりも私が教え込まれたのは、「インプラント治療は科学であり、医療には再現性が必要」ということでした。
その当時、日本で頑張ってやっていたことは経験則に過ぎず、どうしてそうなるのかという理由に乏しかった気がします。海外の先生たちからよく言われるのは、「その治療は、別の患者に同じようにできるのか」ということです。誰が行っても同じ結果になる、つまり再現性があるのが医療であり、それは科学なのです。
しかも実際にスウェーデンの臨床現場を見ることで、「こんな小さなことまでデータをとっているんだ」と感心しましたし、その臨床データを基にエビデンスを導き、自分の治療に生かしているのを見て、かなりショックを受けました。それ以来、自分が治療した臨床データは必ずとるようにしています。
また、スウェーデンの研修で一緒だった東京の竹下賢仁先生が主宰するI.O.R.(口腔内再構築研修会)に、補綴コース統括講師として参加していますが、ここで最も大切にしていることは、「歯科医師は科学者」という言葉です。つまり歯科医師は、臨床データから導き出したエビデンスに基づいた治療を行う、科学者であるべきだと思うのです。
そして日本の歯科医師たちも、再現性がある治療を行うようになれば、日本が世界のトップに立ち、海外から日本に学びに来るようになるでしょう。

▶詳細はこちら

墨 尚(すみ・たかし)
  • 墨歯科医院・Avanti Implant Center 院長

1997年、愛知学院大学歯学部卒業。その後、同大学非常勤助教、I.O.R.補綴統括講師、O.S.I. Study Club名古屋支部副支部長を務める。2013年、フロリダのタンパで開催されたAcademy of Osseointegration Annual Meetingにおいて、Best Presentation Awardを受賞。現在、Academy of Osseointegration Global Program Developmentに所属し、Committee Member とGlobal Ambassadorを兼任。

記事一覧
【カンボジア発】世界は今、どこへ向かうのか?著しい経済発展の陰で、歯科医療現場の道は未だ険しい(2018/06/20)【オランダ発】世界は今、どこへ向かうのか?先端医療と予防が共存する国オランダ(2018/06/20)【プレスリリース紹介】歯並びが悪いと、3分磨いても歯垢は落とし切れない?!(2018/06/11)歯科分野に係る診療報酬改定に関するポイント -院内感染防止対策編-(2018/05/14)【アメリカ発】世界は今、どこへ向かうのか?臨床、教育現場で拡大し続けるデジタルデンティストリーの波(2018/04/13)【オピニオンリーダーに聞く】グローバルな歯周病学会を目指し、海外の学会と連携、年次大会を開く(2018/04/06)【企業トップに聞く】歯科領域の健康管理を目指しMiと審美治療の製品を開発(2018/03/29)【特集記事】第111回歯科医師国家試験の総評と今後の展望(2018/03/23)【サウジアラビア発】世界は今、どこへ向かうのか?欧米と肩を並べる教育制度と専門医制度(2018/03/22)【オピニオンリーダーに聞く】学問を通して歯科医療の重要性を国民にアピール(2018/03/16)International Magazines紹介(2018/01/12)歯科医は臨床データに裏付けられた 科学者であるべき(2017/12/04)欧米の考え方と取り組み方を学び、アジア歯科医療のリーダーになろう(2017/11/26)20代~60代女性500名を対象とした「美容にかかる費用の比較調査」(2017/11/22)留学体験は大きな財産。 論理的思考と感性が磨かれた(2017/11/13)アメリカの大学院で学んだ歯科医師としての倫理観を大切に(2017/11/06)世界の歯科の動きにアンテナを巡らせ、日本の優れた歯科医療を世界へ発信(2017/10/30)60代以上の男女400名を対象とした「歯並びと歯の残存数に関する意識調査」(2017/04/24)最新!オトナの歯列矯正事情(2016/06/03)