▶新規会員登録

記事

2017/11/06

アメリカの大学院で学んだ歯科医師としての倫理観を大切に

専門分野以外も徹底的に学ぶ

歯周病の専門医になるために、1971年からアメリカのタフツ大学大学院とインディアナ大学院で学びました。どちらの大学院でも歯周病学だけではなく、例えば解剖や免疫、細胞、病理など、歯周病に関連するさまざまな学科を履修します。おかげで、バランスよく幅広く学ぶことができました。
またタフツ大学では、専門医の資格を取得する際には、朝9時から夕方まで、臨床で患者さんを診ます。しかも、一人ひとりの患者さんの治療計画を立て、インストラクターと一緒に治療しながら学んでいくという徹底ぶりでした。
さらに大学教授たちも、研究だけでなく臨床も行っているので、例えば解剖の講義の中に、その教授の臨床での経験談がたくさん入ってきて、より具体的でわかりやすい内容になっていました。臨床と研究がつながっているところが、日本とは随分違うと感じた点です。
そして印象的だったことは、歯科医が患者さんにフランクに接し、とてもわかりやすく説明していたことです。当時の日本では、歯科医師が一方的に上から目線で患者さんに説明するだけだったので、とても驚きました。

▶詳細はこちら

船越 栄次(ふなこし・えいじ)
  • 船越歯科医院 院長

1971年、九州歯科大学卒業。1973年Tufts大学大学院卒業、1976年Indiana大学院卒業、1977~1978年Indiana大学准教授。1980年に福岡市で船越歯科歯周病研究所を開業し、現在に至る。日本臨床歯周病学会理事長、日本歯周病学会理事、常任理事を歴任したのち、現在は、日本臨床歯周病学会顧問、インプラント指導医、日本歯周病学会歯周病専門医・指導医を務める。また、アメリカ歯周病学会名誉会員、ITI section Japan Chairman、ITI Board of Directors。

記事一覧
第38回ドイツIDS プリビュ・ショー記事 第4弾 口腔内スキャナ編(2019/03/15)3-Dプリンターの流行は歯科業界により作られる(2019/03/01)第38回ドイツIDSプリビュ・ショー 歯内・歯周編(2019/03/01)2019年第38回ドイツIDS (国際デンタルショー) の開催まであと少し!(2019/03/01)中東国(ヨルダン)における小児口腔ケアの課題(2019/02/21)壊疽性口内炎(水癌)のリスクファクター(2019/02/13)メタルフリーで軽く、会話・食事が快適になる可撤式部分義歯(2019/02/04)「臼歯マイク」による個人用通信システムが米国国防総省から数百万ドルの資金提供を受ける(2019/01/28)歯周疾患治療で肝硬変患者の症状改善の可能性がある(2019/01/21)小児患者の歯科恐怖症を最小限まで和らげる動機付けの方法とは?(2019/01/15)MTA(MAP system)を用いた直接覆髄により歯の予後が安定している症例(2019/01/15)口腔灼熱症候群患者に関する新たな発見について(2019/01/07)HPV関連癌が最もよくみられるのは口腔内であるとの報告(2018/12/28)2018年の世界の主要学会の動き & 2019年の主要学会、あなたはどこへいく?(2018/12/28)【トップ歯科技工士に聞く】CAD/CAMの本当の恩恵とは?「患者本位の歯科技工」(2018/12/20)イノベーションが企業の原動力であると信じています。(2018/12/20)【糖尿病専門医に聞く】歯科の最大の強みは「連続性」。子どもから高齢者まで、慢性疾患予防のアプローチを(2018/12/20)陽極酸化処理されたインプラントの生存率は98.5%(2018/12/12)欧州流アンチエイジング健康法~活性酸素を溜めない生活習慣とは?~(2018/12/10)臨床歯科医と歯科麻酔科医のチーム医療実現と環境の構築(2018/09/13)歯科学生の研究意欲向上と歯科医療の高度な発展に貢献するSCRP(2018/09/13)歯周病およびインプラント周囲疾患の新分類 ~歯周病の本質にせまる20年ぶりの大改訂~(2018/09/10)健康長寿社会の実現に向けた歯科医療のイノベーションを起こす(2018/09/10)インプラント治療を通し、歯科系最大学会として、超高齢社会における責任を果たす(2018/09/10)EuroPerio9 レポート『重度歯周病患者で抗生物質耐性が上昇。安易な使用に警鐘』(2018/08/23)EuroPerio9 レポート『人口の 50% が歯周病に感染しやすい』(2018/08/09)より優れた治療結果のために 治療の進化を支えるデンタルソリューション(2018/07/05)超高齢社会の中で、歯科医が果たす新たな役割(2018/06/26)【カンボジア発】世界は今、どこへ向かうのか?著しい経済発展の陰で、歯科医療現場の道は未だ険しい(2018/06/20)【オランダ発】世界は今、どこへ向かうのか?先端医療と予防が共存する国オランダ(2018/06/20)【アメリカ発】世界は今、どこへ向かうのか?臨床、教育現場で拡大し続けるデジタルデンティストリーの波(2018/04/13)【オピニオンリーダーに聞く】グローバルな歯周病学会を目指し、海外の学会と連携、年次大会を開く(2018/04/06)【企業トップに聞く】歯科領域の健康管理を目指しMiと審美治療の製品を開発(2018/03/29)【サウジアラビア発】世界は今、どこへ向かうのか?欧米と肩を並べる教育制度と専門医制度(2018/03/22)【オピニオンリーダーに聞く】学問を通して歯科医療の重要性を国民にアピール(2018/03/16)歯科医は臨床データに裏付けられた 科学者であるべき(2017/12/04)欧米の考え方と取り組み方を学び、アジア歯科医療のリーダーになろう(2017/11/26)留学体験は大きな財産。 論理的思考と感性が磨かれた(2017/11/13)アメリカの大学院で学んだ歯科医師としての倫理観を大切に(2017/11/06)世界の歯科の動きにアンテナを巡らせ、日本の優れた歯科医療を世界へ発信(2017/10/30)

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

ガムを噛んで唾液を出すだけ!唾液検査用ガム

医療広告ガイドライン対策