▶新規会員登録

記事

2017/11/27

意外な結果!?年収2,000万円超えの歯科医師は○○を意識している!

みなさん、こんにちは。歯科業界をとにかく知りたい歯科ネタ情報局のルーキー片岡です。
ここではルーキー片岡の気になった歯科業界の〇〇を徹底的に調査してその正体を暴いていきます。題して、「ルーキー片岡の歯科業界ここが知りたい!」。
今回私が気になって仕方がなかったのは、“歯科医師の年収格差”についてです。
全国に歯科医院が約68,000件あり、歯科医院の飽和状態とも呼ばれている現代。
歯科医師の平均年収は655万円(平成27年 厚生労働省 賃金構造基本統計調査)です。
近年、年収1,000万円以上を超える歯科医師も珍しくない一方で、年収200~300万円の低所得層の歯科医師が増えていることも事実です。
「同じ歯科医師なのに一体何が違うの?!」
歯科医療従事者のみなさんも考えてみれば、同じように疑問になりませんでしょうか。
この年収の差は何が原因で、高所得の歯科医師にはどんな秘密があるのか…?
きっとそこには高年収歯科医師ならではの驚くべき秘密があるはず…!
ルーキー片岡の想像 「年収2,000万円を超える売れっ子歯科医師はこうだ!」と独断と偏見を交えて想像してみました。
①経営医院数 まず大前提として彼らは開業医が圧倒的に多いはずです。そして経営医院数も1院だけでなく、各地に分院を構えて収入源も増やしているのでは!? ②治療 高年収歯科医師は、利益率も高い高額な自費診療に対して積極的な意識を持っているのでは!? ③集患費用 コンビニの数よりも多い歯科医院経営で勝ち残るにためには、駅看板、WEBサイト、インターネット広告、マスメディア(新聞、雑誌、TV)など、当然集患費用も多く投資しているはず!? ④意識 高い収入を維持するには様々なニーズに対応できるよう、最新の治療方法を意識しているのではないか!?
この想像が正しいのか、実際に年収2,000万円を超える売れっ子歯科医師たちにアンケートを取ってきました。
その気になる結果を見ていきましょう!
経営している医院数は?
歯科医師歴21年~30年の40代~50代の割合が多いことが分かりました。さらに彼らの90%以上は開業医でした。やはり開業医が大半という推測は当たっていました。
っていうことは経営医院数も多いはず!
…見事に予測は外れました。なんと彼らの92%は1院のみの経営だったのです。
1院に集中して治療に臨んでいるということなのでしょうか?
この結果から経営医院数はあまり関係ないことが分かりました。
次は治療について見ていきましょう。
この予想は自信があります!恐らく自費診療をバリバリと行っているはずです!
手掛ける治療で最も多いものは?
なんと、ここでも私の予想は大きく外れてしまいました。
最も多く行っている治療に関しては75%が虫歯の保険内治療でした。逆に治療費の高いインプラント治療と矯正治療の割合は、それぞれ13%、6%と予想を大きく下回る結果でした。高年収歯科医は自費診療よりも、基本的な保険の虫歯治療を着実に行っている傾向にあるようですね。
医院数も治療面も意外と普通だったということは…
恐らく集患にバッチリ投資していて、1日に多くの患者を呼び込んでいるはず…!?
集患にいくら使っているのか?
私の予想はどこまでハズレてしまうのでしょうか…
最も多く回答された集患費用は1~5万円でした。続いて1万円以下。
50万円以上と回答した方は全体の1%。さらには、「集患対策はしていません」と回答した人が12%もいるという驚きの結果に。
最後に「勤務(治療)中の意識」についても結果を見てみましょう。
治療において最も大切にしていることは?
75%以上が「患者様とのコミュニケーション」と回答し、2位以下と大きな差を付けました。
やはり直接口の中に触れる歯科医師にとって、患者との関係性を重要視している歯科医師が非常に多いことが分かりました。最近では院内の雰囲気や内装にこだわりを持つ歯科医院も増えていますし、そういった患者への気配りを大切にする傾向があるように感じます。
結論
「高年収歯科医師は、
 普通で基本的なことを徹底していた!
今回の調査から高年収歯科医師は基本的な虫歯治療を行い、何よりも患者様を大切に考えているという方が非常に多かったです。
コツコツと努力を続け、患者様を大切にするホスピタリティ精神。こういった姿勢が売れっ子歯科医師になるための最大の秘訣ではないのでしょうか?
私も歯科医師の方々のそういった姿を真似して、初心を忘れずに努力し続けたいと思います。
Dentwaveリサーチ調べ
調査日時:2017年10月
調査人数:200人 (Dentwave会員 歯科医師)
本音に迫る!歯科ネタ情報局:ルーキー片岡の歯科業界ここが知りたい!

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

がん患者さんの口腔管理

医療広告ガイドライン対策