▶新規会員登録

記事

2014/04/09

第98回:歯科のかかわりが疑われる医原性疾患

懇意にしている歯科医のA先生から、「口腔内の金パラの修復物を除去すると、頭痛、関節痛、湿疹などが治る患者がいる」という話をきいた。2005年からこれまで、内科医が口腔内金属の影響を疑って紹介してきた約350人の患者の治療にあたってきた経験であるという。この種の話はこれまでにも断片的に耳にしてきたことであるが、これほど多くの症例を扱っていたとは驚きであった。このような貴重なデータを公表せずに眠らせておくのは非常に惜しいと思い、情報の提供をお願いしたところ、各患者についての簡単なメモと予後の取れている242人の患者の経過のまとめをご提供くださった。その一部を以下に紹介するが、まずは貴重な情報をご提供くださったA先生に感謝申し上げたい。

患者に対する処置は、保険仕様のパラジウム合金のクラウン、インレー、メタルボンド、メタルコア等およびアマルガム修復物を除去し、20k金合金、コンポジットレジン、ハイブリッドレジン、オールセラミックで再修復した。そうした処置による症状の時間的変化は、除去直後から消失、徐々に消失、かなり経過してから消失、消失しないなど様々であり、また症状の改善状況も症状により様々である。金属修復物除去前の重症度を10としたとき、処置後にそれが0~1、2~3、5~7になった場合をそれぞれ著効、有効、やや有効として、症例数10以上の症状についてまとめると図のようになった。著効と有効を効果ありとみなした場合の有効率をみると、全症例の平均は75%である。それと同等以上の有効率を示すのは、関節炎痛100%、疲れやすい91%、頭痛87%、皮膚病、肩こり、リウマチの75%であり、これら症状の改善にはかなりの効果があると考えられる。これら図に示した症状以外にも、少数例ではあるが効果があったとみなせる多くの症状がある。以下に(著効+有効)/症例数として示す。高血圧6/8、やる気が出ない7/7、腫瘍3/6、不安5/5、不整脈3/4、耳鳴り2/4、生理痛3/3、イライラ2/3、冷え症1/3、2/2として気管支炎、行動不安定、喘息、生理不順、便秘、不眠、胸焼け、1/2として顔面神経麻痺、味覚障害、1/1として下痢、胃炎、逆流性食道炎、過呼吸、角膜膿瘍、歯周病、体調不良、脳腫瘍、膀胱炎、鼻血、鼻炎、めまい、無呼吸、緑内障。

photo各種身体症状に対する金属修復物の除去効果

患者の年齢の詳しい情報はないが、10~81歳であるという。患者の約80%が女性、50~60代の女性が一番多い。頭痛は男女共に年齢的に幅広くあり、リウマチ、関節炎痛は50~60代の女性、うつ病は概ね20~30代の女性という傾向があるという。

以上紹介したような金属修復物の除去により、身体症状が改善されるというまとまった報告はほとんどない。日本歯科理工学会誌29巻6号(2009)の「アレルギーを考える」という特集の中に“歯科材料アレルギーの対応と今後”と題する解説があり、それに金属材料除去処置の効果についての記載がある。それによれば、除去処置の効果はすぐに現われないことが多く、また除去してもアレルギー症状が改善しないこともあるという。除去処置した患者に対する調査によると、除去終了2か月後では半数以上に変化がなく、再修復処置開始から2年経過後に約60%に症状の改善がみられたという紹介がある。それによると、除去2か月後の成績は治癒3%/改善12/やや改善25/変化なし53/不明7%であり、修復2年後の成績は治癒12%/ほぼ治癒11/改善36/やや改善4/変化なし17/不明20%となっている。いずれにしても、有効率は別にしても除去処置によりアレルギー症状(この場合のアレルギーは皮膚疾患のことを指していると思われる)が改善される患者がいることは確かである。さらに、A先生のみならず、筆者のよく知った先生の中にも金属除去処置の効果を臨床的に確認している歯科医がいるのも事実である。

ここで紹介したような症状は、他の原因でも起こり得るものであり、しばしば言われる“証拠に基づく医療、歯科医療”(EBM、EBD)を信奉すると、金属除去処置の効果を科学的に示すことを求められるであろう。しかし、そのようなことを気にしていたら、患者は救われないのである。有害金属除去処置により症状が悪化することがなければ(皮膚疾患の場合、初回の金属除去後に一過性に症状が悪化する場合があるが、その方がその後の治癒が早まる傾向がある。一過性の悪化現象は上で紹介した理工学会誌にも記されている)、患者が希望し、納得すれば試みる価値は十分あると思っている。その効果について、本当の除去効果ではなく、心理的効果であるという人もいるかもしれない。しかし、たとえそうであれ、症状が改善され患者が喜んでいればそれで十分であると筆者は考える。これは、病気に対する投薬における偽薬効果は、副作用等の心配もなく、治療費も安く,最高の治療だと筆者が思っていることに通じている。

歯科医が患者の口腔内に金パラやアマルガムの修復物をみつけたら、「頭痛、湿疹、肩こり、腰痛、体調不良などはありませんか?」とひと言たずね、該当するような症状があれば、「もしかするとそれは以前の歯の治療で入れた金属のせいかもしれません。それを取ることで治る人もいます」くらいの説明をしてほしいと思う。内科的治療を受けているようであればその担当医とも連携し、希望する患者には十分説明のうえ有害金属除去処置をする。そうすることは、歯科治療由来の医原性疾患というのが適当と思われる身体の不具合に対し、それからの解放を支援することは歯科医に期待される責務であるように思われる。これは医科医師にはできないことであり、歯科医主導で行うべき行為である。そうした歯科医の努力は、それまで内科的治療等で不必要に支出されてきた医療費および患者の苦痛からの解放や薬による副作用の削減にも役立ち、国民医療への貢献、歯科医のステータスの向上につながるであろう。

以上のように、内科医とA先生の連携により、慢性的な身体の不調や苦痛から救われた幸運な患者がいたのである。A先生のメモからごく一部を紹介してコラムを閉じることにしよう。

  • 10歳から頭痛。大学病院の頭痛外来や鍼、灸などいろいろ通ったがだめだった。初めに金属を外してからは4ヶ月間一度も頭痛が起きていない。
  • 頭痛:20年以上前からの頭痛がほとんど起きなくなった。
  • 湿疹(手足):治療中一時期悪化したが、1年以内にほぼ治っていた。
  • 15年ほど前からの湿疹(手、全身)が2ヶ月後にはほぼきれいになった。
  • 25年間悩んでいた全身の湿疹(体液がパジャマなどにくっついて痛い)が無くなった。
  • 1日目にアマルガム2本除去。翌日より顔に強いアトピー反応が出て、1週間会社を休んだ。3週間後2回目の治療をした後はもう出なくなった。金属除去後、顔のアトピーはすごくきれいになり、本人大喜び。
  • リウマチ:半年後には初め10だった痛みが3程度になり、手指の関節も自由に動かせる。2年後にはほとんどよくなった。
  • 25年ほど前から膝痛でいろいろ通院したが治らなかった。不適合金属を除去したら、痛みが無くなり、普通に歩けるようになった。
  • 生理不順:半年後には痛みはほとんどなくなり、約2年後には”そんなことあったっけ”という感じ。

そして、メモ紹介の締めくくり:「初診時には半信半疑でとても態度が悪かったが、金属を除去して頭痛が治ると態度がコロッと変わった」。筆者もA先生の話をはじめに聞いたとき、“半信半疑”でなかったと言えばウソになろう。だが今は納得している。

(2014年4月5日)

記事一覧
プロフィール 第122回:清涼飲料の酸蝕性と酸蝕症(2016/08/01)第121回:セラミックインレー/アンレーの寿命(2016/07/12)第120回:最近のう蝕治療の考え方(2016/06/03)第119回:患者の望む歯科医療(2016/05/10)第118回:根管治療に関する記事へのコメント(2016/03/31)第117回:レジン修復と二次う蝕(2016/03/01)第116回:歯科インプラントは万能かそれとも歯の保存に努力すべきか(2016/02/01)第115回:ハイブリッドレジン、ジルコニアの接着(2015/12/16)第114回:ハイブリッドレジン製CAD/CAM冠の脱離(2015/11/10)第113回:歯周病にまつわる最近の論文から(2015/10/08)第112回:光線力学的治療(Photodynamic therapy, PDT)の医療における利用(2015/09/01)第111回:慢性歯周炎治療におけるスケーリング・ルートプレーニングと補助療法の効果(2015/08/03)第110回:破折歯の診断と処置(2015/06/29)第109回:グラスファイバーポストを利用した支台築造(2015/05/18)第108回:バルクフィルレジンについて考える(2015/04/07)第107回:う蝕乳臼歯の治療の見直し(2015/03/03)第106回:臼歯のコンポジットレジン修復物の寿命(2015/01/19)第105回:CAD/CAMの保険導入と今後(2014/12/02)第104回:非う蝕性歯頸部欠損の修復(2014/10/27)第103回:MTAをめぐる動き(2014/09/18)第102回:EPAとDHA神話の行方(2014/08/12)第101回:深在性う蝕の治療―銅セメントはよみがえるか?(2014/07/22)第100回:歯科における接着―その源流(2014/06/11)第99回:インプラントの不具合と医療機関の対応(2014/05/02)第98回:歯科のかかわりが疑われる医原性疾患(2014/04/09)第97回:ノンクラスプデンチャーについて考える(2014/03/07)第96回:知覚過敏抑制材料(2014/02/10)第95回:根管治療の新しい試み(2014/01/06)第94回:根尖性歯周炎の全身への影響と治療(2013/12/03)第93回:歯の保存かインプラントか(2013/11/14)第92回:歯耗(Tooth Wear)の発生状況とそのリスク因子(2013/10/24)第91回:予防指向の歯科医療(2013/10/24)第90回:初期う蝕の革命的処置法(2013/10/24)第89回:う蝕治療の再考を!(2013/10/24)第88回:国民の医療・保健への歯科界の貢献に期待する(2013/10/24)第87回:修復物のリペア(2013/10/24)第86回:英国版歯科疾患実態調査と歯周診査のありかた(2013/10/24)第85回:早急に"代用合金"から脱皮を!(2013/10/24)第84回:根管治療歯は時限爆弾?(2013/10/24)第83回:歯質接着システムは進化している?(2013/10/24)第82回:生活歯髄治療の成績(2013/10/24)第81回:薬事工業生産動態調査から見た歯科材料の動き(2013/10/24)第80回:平成23年歯科疾患実態調査について(2013/10/24)第79回:深在性う蝕の治療―窩底軟化象牙質をどうするか(2013/10/24)第78回:根管治療成績について考える(2013/10/24)第77回:歯みがき後のうがい ―フッ化物配合歯磨剤のう蝕予防効果を高めるには―(2013/10/24)第76回:成人のう蝕予防(2013/10/24)第75回:メタルボンドか、オールセラミッククラウンか(2013/10/24)第74回:糖尿病対策と歯科への期待(2013/10/24)第73回:インプラント義歯の保険導入(2013/10/24)第72回:不況は米国の歯科界にどのような影響を及ぼしているか(2013/10/24)第71回:う蝕乳臼歯処置の新たな選択肢(2013/10/24)第70回:根管治療の見直しと新しい試みを!(2013/10/24)第69回:垂直歯根破折の処置(2013/10/24)第68回:コンポジットレジンのリペア(2013/10/24)第67回:Siloraneモノマーをベースとする画期的コンポジットレジン(2013/10/24)第66回:歯科金属アレルギーと慢性疲労症候群(2013/10/24)第65回:根管の化学的清掃(2013/10/24)第64回:インプラントをめぐるせめぎあい(2013/10/24)第63回:メタボリックシンドロームと歯周病(2013/10/24)第62回:東日本大震災によせて(2013/10/24)第61回:象牙質知覚過敏の治療(2013/10/24)第60回:支台築造をめぐって(2013/10/24)第59回:短縮歯列(2013/10/24)第58回:インプラント歯科の教育をどうするか(2013/10/24)第57回:くさび状欠損の原因は歯のくいしばり?(2013/10/24)第56回:英国における最近の欠損補綴治療(2013/10/24)第55回:う蝕治療にどう対応するか?(2013/10/24)第54回:根管充填をめぐる話―日本歯内療法学会から(2013/10/24)第53回:う蝕が減るとどうなる?(2013/10/24)第52回:接着性レジンシーラーの前途はどうなる?(2013/10/24)第51回:ビスフェノールA(BPA)をめぐる最近の動き(2013/10/24)第50回:総義歯の将来(2013/10/24)第49回:インプラントブームについて考える(2013/10/24)第48回:ミニマルインターベンションに基づく修復(2013/10/24)第47回:金パラ(2013/10/24)第46回:東京デンタルショー2009(2013/10/24)第45回:歯と全身の病気の関係(2013/10/24)第44回:増原英一先生のご逝去を悼んで(2013/10/24)第43回:歯耗 -Tooth Wearー(2013/10/24)第42回:ジルコニアはフッ酸でエッチングできる?(2013/10/24)第41回:ポリフェノールと歯科における効用(2013/10/24)第40回:修復物からのフッ素放出の効果(2013/10/24)第39回:インパクトファクター(2013/10/24)第38回:英国の歯科治療(2013/10/24)第37回:ホルムクレゾールをめぐる論争(2013/10/24)第36回:ファイバーポストについて(2013/10/24)第35回:セルフエッチングシステムについて考える(2013/10/24)第34回:日本デンタルショー2008から(2013/10/24)第33回:義歯と義歯安定剤(2013/10/24)第32回:歯頸部欠損の修復(2013/10/24)第31回:セルフアドヒーシブ・ルーティングセメント(2013/10/24)第30回:接着ブリッジ(2013/10/24)第29回:日本歯科保存学会春季学術大会講演抄録集を見て(2013/10/24)第28回:日本歯科理工学会学術講演会から(2013/10/24)第27回:根管治療結果の大規模調査(2013/10/24)第26回:光重合について考える(2013/10/24)第24回:アマルガムは何で代替されたか(2013/10/24)第23回:歯科におけるミニマル・インターベンション(2013/10/24)第22回:日本歯科保存学会講演抄録集を見て(2013/10/24)第21回:アマルガムはどうなっているか(2013/10/24)第20回:歯を失う原因(2013/10/24)第19回:5月の学会学術講演会の講演集から(2013/10/24)第18回:レジンの硬化や接着に好ましくない影響を及ぼすもの(2013/10/24)第17回:日本歯科保存学会に出席して(2013/10/24)第16回:むし歯予防週間によせて(2013/10/24)第15回:水酸化カルシウムとFC(続)(2013/10/24)第14回:水酸化カルシウムとFC(2013/10/24)第13回「納豆でダイエット」と食育(2013/10/24)第12回:デュアルキュア(2013/10/24)第11回:改正薬事法と歯科器材(2013/10/24)第10回:歯のホワイトニング(2013/10/24)第9回:最近のコンポジットレジン(2013/10/24)第8回:ファイバーポスト(2013/10/24)第7回:HEMAのはなし(2013/10/24)第6回:根管治療かインプラントか(2013/10/24)第4回:金属アレルギーと歯科治療(2013/10/24)第3回:接着歯内療法(2013/10/24)第2回:合着と接着(2013/10/24)第1回:歯科における接着の話(2013/10/24)

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策