▶新規会員登録

記事

2016/07/07

第44回 イモリの再生 ―第二話 イモリの網膜再生―

6月13日からフィンランドは、ヘルシンキからバスで40分程離れたPorvooに行ってきました。この地のホテルで開かれた第12回 歯の形態形成と分化に関する国際学会(International conference on tooth morphogenesis and differentiation、http://www.tmd2016.org/)に参加してきました。この学会は3年に一度、欧州にて行われています。参加人数は100名強です。今回の会場となったホテルの敷地はバルト海に面しており(写真1)、とても静かで、朝の散歩が気持ちよく、学問に集中するには最適な場所でした(写真2)。ここでの最新の発表については、このコラムでも紹介したいと思います。今月のコラムは、先月の続きとなります千葉先生のご研究のお話で、イモリの網膜再生がどうやっておきるのか?となります。

drhonda_44_1 drhonda_44_2

最初に、網膜について簡単に説明させていただきます(図1)。

drhonda_44_3

図1.眼球の構造(出典:カラー図解人体の正常構造と機能)

網膜は脳の続きであり、種々の神経細胞や支持細胞が規則正しく配列した層構造を示し、視細胞や神経細胞から構成される神経層と色素細胞からなる色素上皮層に分けられます。(図2)。

drhonda_44_4

図2.網膜の細胞構築(出典:カラー図解人体の正常構造と機能)

眼球をカメラにたとえると、網膜はフィルムにあたり、眼底一面に広がる薄い膜状の組織で、光の明暗、色、形、動きを捉えることができます。眼に入った光は、角膜、前房、水晶体および硝子体を通り抜け、網膜の深部に位置する視細胞によって感受されて、電気信号に変換され、網膜に繋がっている神経線維に電気信号が伝わり、視神経から脳に伝わります。色素上皮細胞は網膜の最外層に位置し、視細胞に栄養を送ることや代謝を維持する役割をしています。網膜剥離とは、網膜神経層が色素上皮細胞から分離した状態で、両層の間には接着装置がないため、網膜の萎縮や外力によって離れてしまうことがあるようです。色素上皮細胞から栄養を受けられなくなった視細胞は感受性を失い、この部の視野が欠損することになります。(出典:日本医事新報社 カラー図解 人体の正常組織と機能 神経系(2))

イモリの眼からレンズ(水晶体)を取り除いても、レンズが再生することは良く知られています。千葉先生らのグループは、先月のこのコラムでお話ししたように、体細胞の脱分化/リプログラミングが成体イモリの肢の再生において重要であることを示しておりますが、網膜再生においても同様な体細胞の脱分化による再生様式であることを明らかにしました。
また、本講演の中でのお話の一つとして、イモリの外傷に対する細胞の応答性がヒトの外傷性網膜疾患の際の発症機序と共通しているとも言われておりました。したがって、イモリを使った研究が、ヒトの疾患の治療法の開発に活かすことができることになります。
先月お話しした成体イモリが示す体細胞の脱分化/リプログラミングの能力は、細胞の外傷応答や細胞死の分子経路を修飾する時に起きることが考えられます。千葉先生らは、成体のイモリの網膜が傷つくと、網膜色素上皮細胞が様々な細胞に分化できる能力を持つ多能性細胞に脱分化して、この脱分化した細胞から正常な構造を持つ網膜が再生することを実験的に示されました。
では、どのような実験で示されたかについて簡単に説明します。初めに、麻酔したイモリの目から神経性網膜を取り除いてみると、網膜に残っている網膜色素上皮細胞の細胞がばらばらになった後に塊になったようです。この塊となった細胞は5日から10日の間に、未分化な細胞に発現する遺伝子の働きが活発になり、様々な細胞に分化する能力を持つ多能性細胞に脱分化したようです。この多能性細胞は10日から14日で2つの細胞集団に分かれて、神経性網膜と網膜色素上皮細胞に分化して、新たに正常な構造を持つ網膜が再生されたことを観察しました。

では、ヒトの場合にはどうなるのかというお話がありました。ヒトの場合には、交通事故などで網膜が傷つくと外傷性網膜疾患となりますが、この時にも、様々な細胞に分化する能力を持つ多能性細胞が現れるようなのですが、残念なことに、ヒトの場合には、神経性網膜は再生しなくて、筋の繊維芽細胞などに分化してしまうようです。ここで、ある考えが浮かびます。このイモリとヒトの再生能力の違いを調べて、どうして、このような違いが起きるのかを明らかにできれば、ヒトの場合の外傷性網膜疾患の網膜の再生を促す薬剤の開発につながることになると考えているようです。

記事一覧
プロフィール 第48回 【第1回】再生医療産学官連携シンポジウムに参加して(2016/11/14)第47回 「すべての疲労は脳が原因 著者:梶本修身」を読んで(2016/11/02)第46回 リバスキュラリゼーションを再考する(2016/10/13)第45回 象牙質が痛みを感じるメカニズムについて(2016/08/03)第44回 イモリの再生 ―第二話 イモリの網膜再生―(2016/07/07)第43回 イモリの再生 ―第一話 肢の再生メカニズムについて―(2016/06/02)第42回 【後編】ヒトの頬脂肪体から脱分化脂肪細胞(DFAT)が入手可能に(2016/05/13)第42回 【前編】ヒトの頬脂肪体から脱分化脂肪細胞(DFAT)が入手可能に(2016/04/28)第41回 細胞再生医療研究会に参加して ― 糖尿病幹細胞 ―(2014/07/31)第40回 成都にてThe Second International Conference on Dental and Craniofacial Stem Cellsが開催(2014/04/25)第39回 平成24年度「国語に関する世論調査」(2014/04/01)第38回 第一回 再生医療資格認定セミナーに参加(2014/03/10)第37回 イギリス・ウェンブリーで開かれた国際学会に参加(2013/10/29)第36回:シアトルにてInternational Association for Dental Research (IADR)が開かれる(2013/10/24)第35回 コーヒーの効果と夏太りー日本経済新聞からー(2013/10/24)第34回 11th International Conference on Tooth Morphogenesis and Differentiation(TMD)に参加‐海外旅行の落とし穴‐(2013/10/24)第33回 3rd TERMIS World CongressがViennaにて開催(2013/10/24)第32回 イリノイ州立大学歯学部にて大学院講義―マラッセの上皮遺残の幹細胞―(2013/10/24)第31回 International Association for Dental Researchイグアスにて開催(2013/10/24)第30回 日本再生医療学会 横浜にて開催(2013/10/24)第29回 春の学会シーズン1―日本小児歯科学会-(2013/10/24)第28回 フォーサイス研究所にてセミナー「マラッセの上皮遺残細胞について」(2013/10/24)第27回 歯根膜組織由来および歯肉組織由来の間葉系幹細胞‐その2‐(2013/10/24)第26回 歯根膜組織由来および歯肉組織由来の間葉系幹細胞(2013/10/24)第25回 記事から引用:見捨てられる「歯科医」 特集:歯科医の「自然淘汰」を待つ厚労省"(2013/10/24)第24回 日本歯科基礎医学会 岐阜にて開催 (2013/10/24)第23回 歯科領域にもiPS研究が拡大。(2013/10/24)第22回 コラムを再び開始します。(2013/10/24)第21回 歯の上皮細胞の話 (2013/10/24)第20回 「培養皮膚」の完成(2013/10/24)第19回 「細胞培養」の話(2013/10/24)第18回 歯の再生 下顎骨内に歯胚才簿を移植すると?‐2‐(2013/10/24)第17回 歯の再生 下顎骨内に歯胚才簿を移植すると?(2013/10/24)第16回 歯の再生 胎生期歯胚細胞と担体を組み合わせた歯の再生研究2(2013/10/24)第15回 歯の再生‐胎生期歯胚細胞を担体を組み合わせた歯の再生研究‐(2013/10/24)第14回 歯の再生‐マウス歯胚組織と細胞を組み合わせた歯の再生‐その2‐(2013/10/24)第13回 マウス歯胚組織と細胞を組み合わせた歯の再生‐その1‐(2013/10/24)第12回 組織工学的手法による歯の再生 マウスの胎生期歯胚細胞を用いた歯の再生研究‐1‐(2013/10/24)第11回 組織工学的手法による歯の再生 -細胞の足場となる担体の話 第2話-(2013/10/24)第10回 組織工学的手法による歯の再生 -細胞の足場となる担体の話-(2013/10/24)第9回 組織工学的手法による歯の再生 -機械的刺激が歯胚細胞の分化を促進する-(2013/10/24)第8回 組織工学的手法による歯の再生-その4-(2013/10/24)第7回 組織工学的手法による歯の再生-その3-(2013/10/24)第6回 組織工学的手法による歯の再生-その2-(2013/10/24)第5回 組織工学的手法による歯の再生-その1-(2013/10/24)第4回 再生医学:歯の再生-1(2013/10/24)第3回 細胞の種といわれる幹細胞(2013/10/24)第2回 ティッシュエンジニアリングとは(2013/10/24)第1回 再生医学とは(2013/10/24)

ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策