▶新規会員登録

記事

咬合接触検査装置 T-スキャンⅢ

咬合接触検査装置 T-スキャンⅢ
わかりやすい画面表示でインフォームドコンセントに威力を発揮
EBM医療の重要性が叫ばれる現在、客観的な咬合検査・調整法の必要性が高まっています。
咬合接触検査装置「T-スキャンⅢ」は従来の咬合紙やワックス、その他の検査機器では検知できなかった咬合の3要素「咬合接触位置」、「咬合接触力」、「咬合接触時間」を同時に精密に計測できます。
より科学的で客観的なデータに基づいた咬合診断、治療結果の判定が可能となります。
これからの歯科医療に欠かせない新しい咬合検査機器の登場です。
  • 咬合バランス表示
    咬合バランス表示
    咬合接触部位や咬合圧バランスをリアルタイムに表示可能。測定中においても咬合接触状態が確認できます。センサシートを噛むだけでCOFとCOF軌跡により、咬合バランスとその変化が簡単にわかります。
  • 時間変化が分かる
    時間変化が分かる
    咬合部位の動的変化を測定可能。早期接触や咬頭干渉の発見、側方滑走運動、タッピング運動などの動的な咬合解析が可能です。
  • コストパフォマンスの高いセンサーシート
    コストパフォマンスの高い
    センサーシート
    センサシートは10回程度の連続使用が可能で、ランニングコストが安くなります。
    ※患者様の咬合状態により変わります。
  • データベース機能
    データベース機能
    患者様のムービーデータや各種情報を管理するデータベース機能により、素早く検索でき目的のデータを簡単に探すことが出来ます。
▶資料請求はこちらから
使いやすく便利な解析ソフト
咬合バランス表示
COF表示、MIP表示、グラフ表示、3次元表示等、視覚的で使いやすい解析ソフトを用意しています。咬合診断や治療結果の判定のみならず、患者様へのインフォームドコンセントにご利用頂けます。
お客様の声
咬合紙による診断をより客観的に!
咬合紙による診断をより客観的に!神奈川県相模原市開業 奥森 直人先生
当医院では日々の臨床でインプラントによる治療をおこなっております。インプラント補綴と天然歯を含む症例では、咬合紙記録による咬合調整では二次元的要素を満たすのみで、定量的に破壊的咬合圧を判断することが困難です。
そこでT-スキャンを用いるとインプラント上部構造がどのように対合と接触すべきで、また天然歯の場合とどのように違いをつけるべきか、それとも同時同圧かなどと言う問題をメインテナンス時に考察しやすく、患者さんにも直接PC画面をみていただき咬合の経年的変化をビジュアルで捉えることが可能です。そして、咬合もメインテナンスが必要であることを説明できます。
患者様からの一言
インプラントの治療をして定期的に衛生面とかみ合わせなどを見ていただいてます。画像を使われた説明でたいへんわかりやすく今後も安心です。
咬合治療に明確な治療方針をもたらすT-スキャン
咬合治療に明確な治療方針をもたらすT-スキャン神奈川県川崎市開業 小野田 恵一先生
近年、多くの歯科医師が『ブラキシズムによる過度の咬合力が歯科疾患に関わっている』ことを報告しています。しかし従来の方法では患者さんが噛みしめたときにどのような力がどのように歯牙に加わっているかを本質的に知ることは不可能でした。
T-スキャンを使えばそれらを知ることが出来、患者さんにも視覚的に説明できるので咬合治療に対して明確な治療方針を示すことができるのです。
患者様からの一言
噛み合わせは人と比べることが出来ないので曖昧に「こんなものかな」と思っていましたが、検査の結果を見て驚きました。「まさにその通り!」なのです。噛み合わせの力が強く加わっていた歯に今までトラブルが多かったのでなるほどと思いました。
▶資料請求はこちらから
システム内容
システム内容
※PC本体はシステム内容に含まれません
※システムでご使用になられるPCにつきましては、 営業窓口までお問い合わせください
センサシート 20枚:(S)10枚、(L)10枚
センササポート 4個:(S)2個、(L)2個
センサコネクタ(USBケーブル付) 1個:A/D分解能:8ビット サンプリング速度:最大10msec(1フレーム当り) ※ターボモード時:最大2msec サイズ:幅57×奥行135×高さ35(mm) ケーブル長さ:約4.5m 重量:約320g(ケーブル含む)
ソフトウエア 1式 OS:WindowsVISTA、7、8対応
取扱説明書 1式
消耗品
咬合バランス表示
センサシート(L)1パック、10枚入り
(S)1パック、10枚入り
咬合バランス表示
センササポート(L)1パック、2個入り
(S)1パック、2個入り
▶資料請求はこちらから
お問い合わせ先
≪販売代理店≫ 株式会社東京歯材社
http://www.shizaisha.co.jp/shizaisha/
TEL:03-3874-5077
記事一覧
超高齢化社会に対する『ミューワンHAインプラントシステム』活用の可能性(2018/04/16)新しい包括的治療の進め方 TOPアナライザー ベーシックセミナー(2018/04/10)GPの補綴修復治療を見据える iGOシステム導入コース(2018/04/09)秋本 尚武 先生 ONE-DAYハンズオンセミナー:バイオクリアーマトリックスシステムコンポジットレジン 修復ハンズオンセミナー(2018/03/20)【企業特集】良い義歯はよく噛める入れ歯、痛くない入れ歯(2018/03/13)分割ポリリン酸によるホワイトニングで、予防歯科につなげる(2018/03/01)ミュゼプラチナムの接客ノウハウで、歯科医院を心地よい場に(2018/03/01)【企業特集】支台歯形成時に必要な形成量の確認に! ”プレップシュアII”(2018/02/09)歯科用咬合スプリント”アクアライザー ウルトラ”(2018/02/05)坂上俊保先生が、20年間悩んだ総義歯の作り方(2018/01/23)最新のデジタル技術を適用した「XスマートIQ」(2018/01/22)治療時の緊張もミントフレーバーでリラックス(2017/12/15)ネオス・インプラントの審美領域への応用(2017/11/10)立体視カメラシステム 3Dカム-DM-1(2017/11/08)その部位、削りますか?光重合型レジン「アイコン」のご案内(2017/10/18)第3回 CAMBRA講演会(2017/10/17)歯内療法の新しいトレンド [Coltene Upgrade Dentistry Vol.1](2017/10/10)光学スキャナーのデジタル印象採得が現場を変える!(2017/10/03)3M™ トゥルー デフィニション スキャナー, モバイル(2017/09/28)ネオス・インプラント デジタルソリューション(2017/09/18)『インプラントオーバーデンチャーのアタッチメントの選択』セミナー(2017/09/12)クーゲルホック アバットメント ミューワンンHAインプラント用アバットメント(2017/08/18)TOPアナライザー/TOPアナライザーサポート セミナー(2017/07/26)ネオス・インプラントを使用した抜歯即時インプラント(2017/07/10)咬合接触検査装置 T-スキャンⅢ(2017/07/02)ネオス・インプラントが強固なリムーバルトルクを得られる理由(2017/06/08)第7回DNA特別講演会 噛む、も 味わう、も 歯科 ~歯科のチカラでずっとおいしく~(2017/06/06)欧米で急速にシェアを伸ばしたネオス・インプラントとは(2017/05/01)ネオス・インプラントの上顎小臼歯部への応用(2017/04/01)緊急セミナー 歯科クリニックビジネス拡大と患者データの安全性(2017/03/01)ネオス・インプラントとは(2017/01/10)CGF・AFGハンズオンセミナー&デジタルインプラント治療の最新動向について in Seoul(2016/11/08)カボデンタルシステムズジャパン マスターマティック LUX M25Lのご案内(2016/09/06)カボデンタルシステムズジャパン 新製品プリムス1058 Lifeのご案内(2016/09/06)歯科材料キャンペーン 2016 Summer(2016/08/22)ピンクが消える!『マックスセム エリート クロマ(歯科用セメント)』(2016/07/01)あの切れ味が帰ってきた!『ハリケインゲル歯科用20%』(歯科用表面麻酔剤)(2016/06/01)バイオフィックス インプラント発売記念特別講演会「今、求められるインプラント治療」(2016/03/16)