▶新規会員登録

記事

2019/05/14

【歯科法務に強い弁護士に聞く】歯科の個別指導、 どう対応すればいい?

アイキャッチ

ある日、突然やってくる歯科の個別指導の通知。対応を間違うと、歯科医師としても、歯科医院としても、致命的な打撃を受ける可能性があることから、歯科医師にとって心理的な負担は相当なものです。そこで個別指導への対応方法について、歯科医院の個別指導のサポートを行っている、鈴木陽介弁護士にお聞きしました。

歯科医師の悩み、1位は個別指導

Dental Tribune Japan:弁護士として歯科の個別指導に力を入れるようになったのはなぜですか。

 鈴木氏:2013年に歯科の患者さんとのトラブル対応の書籍を出版したのを機に、歯科医師の相談を中心に取り組む決意をしました。今では全国の歯科医師から、さまざまな相談に応じています。当初は患者さんとのトラブル案件が中心だろうと考えていましたが、実際は行政対応、個別指導対応の相談が多いことに気がつき、力を入れるようになりました。

 歯科医師の悩みトップ3を紹介します。

 まず第3位が、税務調査の悩みです。基本的には税理士が対応する分野です。これから述べる他の2つの悩みに比べると、経営への影響は限定的と思います。第2位が、患者さんやスタッフの悩みです。例えば、インプラント治療のミスで患者さんから訴えると言われた、あるいは、スタッフが突然職場に来なくなった、などのケースです。こちらについては、感情的な対応は避け、経済合理性を念頭に解決することが経営上の正しい判断です。

 そして第1位が、厚生局による個別指導の悩みです。個別指導は、その結果いかんで、監査、そして保険医・保険医療機関の取消しなどの行政処分がなされ得ます。さらに、そうした事態を懸念しスタッフが退職するなど、経営に深刻な打撃を与えることがあります。

 私は、個別指導の対応サポートを日々行っており、良い結果になると、歯科医師にたいへん喜んでいただけるため、やりがいを感じています。

▶詳細はこちら

鈴木 陽介(すずき ようすけ)
  • サンベル法律事務所
記事一覧
【歯科法務に強い弁護士に聞く】歯科の個別指導、 どう対応すればいい?(2019/05/14)【スタディ・グループに聞く】 女性歯科医師の会(WDC)、設立10年 生涯研修、仲間づくりを目指して(2019/05/13)【学会理事長に聞く】 会員サポートと、国民への啓発 両面からの活動で、一歩でも前へ(2019/05/10)【トップ歯科技工士に聞く】CAD/CAMの本当の恩恵とは?「患者本位の歯科技工」(2018/12/20)【糖尿病専門医に聞く】歯科の最大の強みは「連続性」。子どもから高齢者まで、慢性疾患予防のアプローチを(2018/12/20)臨床歯科医と歯科麻酔科医のチーム医療実現と環境の構築(2018/09/13)歯科学生の研究意欲向上と歯科医療の高度な発展に貢献するSCRP(2018/09/13)健康長寿社会の実現に向けた歯科医療のイノベーションを起こす(2018/09/10)インプラント治療を通し、歯科系最大学会として、超高齢社会における責任を果たす(2018/09/10)より優れた治療結果のために 治療の進化を支えるデンタルソリューション(2018/07/05)超高齢社会の中で、歯科医が果たす新たな役割(2018/06/26)【オピニオンリーダーに聞く】グローバルな歯周病学会を目指し、海外の学会と連携、年次大会を開く(2018/04/06)【企業トップに聞く】歯科領域の健康管理を目指しMiと審美治療の製品を開発(2018/03/29)【サウジアラビア発】世界は今、どこへ向かうのか?欧米と肩を並べる教育制度と専門医制度(2018/03/22)【オピニオンリーダーに聞く】学問を通して歯科医療の重要性を国民にアピール(2018/03/16)歯科医は臨床データに裏付けられた 科学者であるべき(2017/12/04)欧米の考え方と取り組み方を学び、アジア歯科医療のリーダーになろう(2017/11/26)留学体験は大きな財産。 論理的思考と感性が磨かれた(2017/11/13)アメリカの大学院で学んだ歯科医師としての倫理観を大切に(2017/11/06)世界の歯科の動きにアンテナを巡らせ、日本の優れた歯科医療を世界へ発信(2017/10/30)

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

ガムを噛んで唾液を出すだけ!唾液検査用ガム

医療広告ガイドライン対策