▶新規会員登録

記事

2017/06/02

輝く歯科衛生士 平成29年度岐阜県歯科衛生士会研修会~花田先生にご講演いただきました~

岐阜県歯科衛生士会では、年4回の研修会を開催しております。今年度第1回目の研修会は、P&G様、ブランネットワークス様のご協賛により、鶴見大学歯学部教授花田信弘先生をお招きすることができ『プラークコントロールのモチベーション(動機づけ)に必要な歯原性菌血症の知識と予防技術』という内容でご講演を賜りました。学生時代に学んだ知識を振り返ると同時に、時代の変化と共に知識の更新も行わないといけないと気づかされました。

私達人間の口腔内は、おいしさを追求した食文化が原因で変化しています。歯科衛生士として、来院する患者さんには自分の歯でよく噛めて食事できることが健康で長生きするために大切だと伝えていますが、そのためにセルフブラッシングの重要性を伝えなくてはいけません。興味をもってもらい生活習慣の改善までしてもらうには患者さんにとってメリットとなるワードが必要となります。それが、今回TBIの6つのメリットと題して学び、その中でも“お金の節約”というワードに指導する立場での気づきがありました。誰でも自分の得につながる事は進んでできるという、患者さんと協働していく事こそがお互いストレスなくTBIを成功させる秘訣だと学び、今後の指導に活かせると思いました。
続いて、第一生命保険株式会社日比谷診療所歯科 歯科衛生士の深川優子先生より『患者さんの自立的なホームケアを目指して~ブラウンオーラルBによる3大磨きグセ克服法~』をご講演賜りました。毎年電動歯ブラシの様々な機種が販売され機能も大幅にアップしている中で、ブラウンオーラルBの特徴を分かりやすく説明頂きました。ご講演いただいた後、P&G様のご協賛によって実際に電動歯ブラシ体験という時間を設けて頂けた事は、大変ありがたく感じております。

岐阜県歯科衛生士会では、毎年めまぐるしく世の流れも変化する中、時代に合わせた内容の研修会を企画し、会員の皆様に喜んで頂けるように今後も取り組んでいきたいと思います。

岐阜県歯科衛生士会研修会岐阜県歯科衛生士会研修会

ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策