▶新規会員登録

記事

2013/10/24

第8回 休日の過ごし方(9月)

 秋です。食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋。皆さんはどのような休日を過ごされましたか?今回は9月の休日の過ごし方、をレポートいたします。

 週休二日の診療。今月は嬉しい祝日もあり、10日間のお休みがありました。休日をどう過ごすか、って、とても大事だと思うんですよ。いかに時間を使うか、で、診療に与える影響って大きいですし、休日から得たものが診療に生かされることも多いです。

 そんな私の休日第1日目。K歯科医院でのスタッフ講習会に参加してきました。所属している日本ヘルスケア歯科研究会で行われている、衛生士養成コースのスタッフをしておりますので、そのスタッフの打ち合わせ兼研修です。そこには素敵な衛生士さん達が集まります。衛生士としての基本的なスキル、だけでなく、衛生士として、患者さんの健康をサポートするために何が必要なのか、何のためにスキルを必要とするのか。皆さんのお話を聞いているだけで勉強になり、またそう言った場に参加させていただけている私って、幸せものだなぁ、とつくづく思いました。

 休日2日目。幸いお天気の良かった昼間は部屋の掃除や洗濯、空っぽになっていた冷蔵庫の中身を調達しにスーパーへ。普段診療室の中にばかりいて昼間外に出ないのですが、お日様の下を歩くのは気持ちが良いですね。そして夕方。いそいそと身支度をして、浦和へ。2ヶ月に1度一緒に勉強させていただいているメンバーの衛生士さんにお声がけいただいて、お魚の美味しいお店に連れて行っていただきました。各方面で大活躍され、知識も技術も経験もある衛生士さん達と一緒に、美味しいお魚をたらくふとお酒を少々いただきました。皆さんご結婚されている方ばかりでしたので、結婚後の仕事の続け方や、家事との両立、嫁姑問題まで、話題豊富な数時間。中でもやはり話題の中心は診療のこと。こんな時、あんな時、こんな症例、あんな症例、どうしてる?に、飛び交う忌憚のない意見。教科書や参考書では学べない臨床のあれこれが、凝縮されていました。時間はあっと言う間に過ぎていきましたが、皆さんの素敵な生き方と、いつもより強いお酒にほぅっとなって帰宅しました。

 休日3日目。TDLへ。TDSに新しいアトラクションができたし、夏休み明けだし、空いてるかな、と狙って行ったのですが、そこは甘い読みでした。駅を降りて、開園待ちの長い列に感服。でも実はずっと来たかったんですよね。参加したセミナーや本でTDLのサービスについて学ぶことが多かったものですから、実際に体験してみたくなったのです。ゴミの一切落ちていない園内。いつでもどこでも笑顔のスタッフ。トイレの場所や売り場など、瞬時に教えて下さり、心地よいサービスが当たり前に体感できました。あれだけ多くのスタッフがいながら、マニュアルではなく、その方その方のニーズに合わせたサービスができる。それってとっても素晴らしいことだと思います。なんて言いながら、ファストパスを駆使し、アトラクションも買い物も食事も十分に楽しんできましたが。

 休日4日目。は冷蔵庫が壊れたのですよね。皆さんには関係の無いことですが・・・。ですが修理の対応は迅速で満足の行くものでした。さてさて。それは良いとして、午後から二つの研修会を掛け持ちしました。中野予防歯科研究会、と院長先生が所属されている研究会主催の講演。前者では普段悩みどころの分岐部病変について、症例を交えてSGLで話し合い。後者では普段なかなか見ることのできない炎症組織などの病理標本などを交えてのご講演。分岐部病変のSGLでは、自分だったら何ができるのか、や、症例から読み取れることなど、臨床に役立つ意見が沢山。病理のお話は臨床からは離れるのですが、歯肉を診るに当たって理解して置くべき知識が沢山。それぞれ違った視点で楽しめました。

休日5日目。は連休でしたね。ここでは実家に帰り、生後1ヶ月になった妹の赤ちゃんの成長を眺めてきました。実家に帰るといつも、普段一人暮らしをしていると感じられない“生活”の空気を実感することができます。先月のコラムにも書きましたが、生活習慣、の背景にあるむし歯のリスクや、日常生活の中でのお口の役割を目の当たりにすることが多いのです。

 休日7日目。も連休でした。ここで今月の初めに講習を受けた、衛生士養成コースがありました。参加される皆さんは、今回は口腔内写真と歯周組織検査についての検定があるのでやや緊張気味。こちらまで緊張してしまいました。この二日間で一緒に聞いた講演内容に感嘆!!検査の必要性や情報を共有することの重要性、カリエスの病因論や予防法、コミュニケーションの仕方やその目的まで、臨床とリンクしたわかりやすい内容で、非常に勉強になりました。そして講演内容と同じく非常に参考になったのが、講師の方々の素晴らしい人間性です。自分自身がとても小さな人間に思えてくるほど、人としての格の違いを実感しました。自分に対して奢らず、謙虚に、かつ診療に対して真摯に、真剣に。人として成長させられた思いでした。

そして休日9日目。はまだ迎えておりませんが・・・月に一度の勉強会の日です。普段の診療とは大きく異なる価値観や気づきを得られる訪問診療やデイケア施設での勉強会です。ここにもまた人として尊敬できる衛生士さんがいらっしゃいます。

 こうして休日を振り返ってみると、沢山の方々に教えられ、お世話になっているのだなぁ、とつくづく実感させられます。いろいろ行って、いろんな方に出会って、教えられ、励まされ、こうして楽しく学んでいく機会を与えられ、皆さんに感謝感謝、の1ヶ月でした。自己研鑽、ってただ単にセミナーに出ることや参考書を読むことではないんですよね。そう気づいてから、こうして楽しく自分磨きできるようになってきた今日この頃です。

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策