▶新規会員登録

記事

2013/10/24

第5回 体調管理も大事な仕事

歯科衛生士コラム 第5回

体調管理も大事な仕事
永瀬 佳奈  歯科衛生士

 ついこの間まで激しい咳に見舞われ、1週間程まともに眠ることもできず、ツライ日々を送っていました。初めは喉が痛くなり、その後声が出なくなり、そして咳が出始めるようになったのですが、一度出はじめるとしばらくの間止まらなくなってしまうのです。そのためスケーリングもできず、アポイントを変更してもらった患者さんもいました。

 去年も全く同じ時期に同じ症状で悩まされ、症状としては風邪のようなのですが、あまりにも激しい咳が続くので、内科の先生にも「この時期だけに反応する何かのアレルギーかもね」と言われてしまいました。来年もこんなツライ思いをするのかと思うと、この時期がやって来るのが憂鬱でなりません。

 バキュームをしている時にも咳が出るので、途中でアシストを変わってもらうこともあり、口を開けている患者さんはさぞかし不快な思いをされていたことだろうと申し訳ない気持ちになります。

 私は幸い、滅多に熱も出さないので、病気で休むということはほとんどありませんが、二日酔いの時は本当に休みたくなります。二日酔いになるということは完全に自分の責任ですから、毎回二日酔いになるたびに反省し、今度から気を付けようと思うのですが、ついつい楽しく盛り上がってしまうと、もうどうにもその勢いを止めることができません。テンションがどんどん上がってしまって、2時でも3時でも平気で呑んでしまうのです。眠くなるどころか、どんどん目が冴えわたり元気になっていくのです。恐ろしいことです。 後輩にも「佳奈さんてホント元気ですよねー」と言われ、それで喜んでいる場合ではないことも十分わかっているのですが、楽しいお酒の場から早めに立ち去るということがどうしてもできません。

 さすがに二日酔いで休むことはありませんが、私たちの仕事は二日酔いの体には非常に過酷です。スケーリングでずっと下を向いている体勢も、印象を練和する時のくるくる回るスパチュラも、一点一点細かく読み取るプロービングも、本当にツライです。 でも、そんな衛生士にスケーリングされている患者さんが一番ツライですよね。本当に失礼だと毎回深く反省しています。

 このように体調が万全でないと、大事な患者さんたちに多大な迷惑をかけてしまいます。もちろん自分自身もとてもツライ思いをします。プロの衛生士としては、しっかりと体調管理をしておくことも大事な仕事の一つですが、皆さんは日頃から気を付けていることはありますか?

 私自身は特に「これだ!」と言えることはしていませんが、なるべく睡眠時間をしっかりとる、バランス良く食事をするということはいつも心がけています。とは言え、一人暮らしで外食がほとんどの私に、それが実践できているかは自信がありませんが。 しかし、私ももうアラフォー世代の仲間入りですから、これを機にもっと自分の健康にも目を向けていこうと、このコラムを書きながら思いはじめました。 まずは自分が健康でなくては、患者さんを健康にすることなんてできないですもんね。今回体調を崩し、患者さんにも迷惑をかけたことで、改めて健康管理の大切さを実感しました。

 皆さんも季節の変わり目は何かと体調を崩しやすいですから、どうぞご自愛下さいませ。

ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策